妥協なしフリーランス採用ならWantedly(ウォンテッドリー)で探そう

Wantedly(ウォンテッドリー)でフリーランス採用ができることをご存知ですか?

フリーランスというと、エンジニアやデザイナーのようなクリエイティブ系の職種が多いイメージがありますが、最近では人事のような職種でもフリーランス採用がされるようになってきました。

本記事では、今回はイチミ株式会社取締役であり、Wantedlyの運用代行含め採用マーケティングを担当する板垣さんにWantedlyでフリーランス採用を行うポイントやフリーランスのメリットデメリットを詳しくご紹介します。

 

「Wantedlyを使って採用をしてみたい」と思った方がいましたら、ぜひ下のボタンから無料トライアルを試してみてください!

プロフィール

【板垣勇渡】(画像右 Twitter

イチミ株式会社の取締役。2018年8月より株式会社LOGZの長期インターン生としてジョイン。採用コンサルや長期インターンの設計、採用媒体の運用代行を行う。その中Wantedlyの運用代行にて、インターン生や新卒学生、中途人材だけでなく、外国人のエンジニアの採用にも成功。

【上原颯音】(画像右Twitter

2021年2月にイチミ株式会社にジョインしたインターン生。海外の大学に通う4年生で、webマーケティングを実践的に学ぶことを目的にインターンに参加。大学卒業までの期間を英語学習、筋トレ、プログラミングに費やしながら自分探し中。現在は台湾でリモートワークをしている。

フリーランスの採用に向いている企業の特徴

上原

新型コロナウィルスの影響で働き方が見直されてますね。その中でも、フリーランスになりたいという方がすごく多くなったように感じます。

そうだね。昔はフリーランスというとエンジニアやデザイナーが多いイメージだったけど、最近は営業や人事などの本来はオフィスで行われていた職種でもフリーランスとして働くことができるようになったよ。

板垣

上原

でも、企業側はどうしてフリーランスを必要としているんですか?

フリーランス採用を行っている企業は、事業拡大や開発のためのコアとなる存在が欲しいと考えているんだ。

板垣

上原

具体的に言うと?

フリーランスを求める企業の悩みとして、「必要な人材を確保できていない」、「採用を行う時間がない」、「即戦力になる人がいない」などがあるよね。その悩みを解消するために、フリーランスを採用するんだ。

板垣

上原

それって中途採用に似てませんか?フリーランス採用と中途採用って何が違うんですか?

少し違うね。中途採用を行う企業はリソース不足を解消し、長期的な協力を求めていることが多いんだ。でも、フリーランスの場合は短期的でも良いから「即戦力」と「やり遂げる力」を求めているんだ。

板垣

上原

というと?

フリーランスを採用する企業にとって「成果を出してくれること」、「依頼したことを成し遂げていること」が大切だから、中途採用とは求めるものが違うんだ。一般的にフリーランスには優秀な方が多く、通常なら数日かかることを1日で終わらせてくれる人もいるんだよ。

板垣

上原

1日でですか?!いざという時に助けがあると企業側は安心できますね。

それに、採用市場で優秀な人材を採用するのは本当に難しいでしょ。だから、必要な時に案件を依頼できるフリーランスは採用の価値があるんだ

板垣

上原

確かに!優秀な人は引っ張りだこですもんね。

スピード、スキル、実務経験、成し遂げ力などを兼ね備えた人材が欲しい企業はフリーランス採用を考えてみても良いかもね。以下のメリットとデメリットを踏まえた上で、フリーランス採用を行うかどうか考えるべきだね。

板垣

メリット:スポットで依頼可能、即戦力が確保できる

デメリット:認識の相違の可能性がある、長期or独占契約が難しい

フリーランスの採用にオススメな求人媒体5選

上原

フリーランスを探したい時ってどこに求人を出せばいいでしょうか?板垣さんのオススメのサイトを教えてください!

オススメは以下の5つだよ!

板垣

上原

こんなに色々な求人媒体があると迷いますね…。

企業によって、仕事内容以外に求める人材や採用に対する時間やコストは変わってくるから、自社にあった採用媒体を利用するといいよ!複数の採用媒体を利用して探すのも効率的でオススメだよ!

板垣

上原

ありがとうございます!基本的に、求人・依頼を出して応募を待つか、仕事を求めている人に連絡するという方法がほとんどですね。でも、この中で比べると、Wantedlyって結構手間がかかりそうですね…。実際どうなんですか?

とにかく早く人手が欲しい企業にWantedlyは向いていないかな。どちらかと言うと、長期的に仕事をしていくために「信頼できる人材」や「企業に対して共感を持ち、協力してくれる人材」を探す企業にWantedlyは最適だよ。”共感採用”を目的に作られた求人媒体だから、相手の経歴や実務経験だけじゃなくてプロフィールや人となりまで知ることができるんだ!

板垣

上原

なるほど。Wantedlyって他の求人媒体とは違って面白いですね。

Wantedlyでフリーランス採用を行うポイント

上原

Wantedly(ウォンテッドリー)でのフリーランス採用ってどうやって工夫すると応募が集まりやすいですか?

Wantedlyでフリーランス採用を行うポイントは以下の4つだよ!

板垣

Wantedlyの企業ページや募集を事細かに書く

フリーランスの採用で大事なのは、「やってほしいことは何か」「何に困っているか」「案件やプロジェクトの難しいところ何か」などの状況や問題点をきちんと把握したうえで依頼することだよ。企業や現場とエージェントが共通認識を持っている必要があるよね。だから、Wantedlyにきちんと詳しい情報を書くといいね

板垣

上原

曖昧なままだと応募しようとは思わないですね…

イチミだと以下のように書いていて、写真も追加してるよ!企業ページや募集をこのように具体的に書くといいかもね!

板垣

上原

求職者は企業の理念や仕事への思いを知ることができますね。

次は、読み手に刺さるタイトルが大切だね

板垣

上原

例えばどんな感じで書くといいですか?

「フリーランス」をメインに色々なキーワードを組み込んで、以下のように書くといいかもね。

板垣

・ペルソナの悩みに答える(育児を手伝いたい、通勤時間が長い、フリーになりたい)

→世界の医療を支えたい方!フリーランスになりたいエンジニア募集」

 

・社会課題を組み込む(社会福祉、スポーツ支援、介護問題、食の安全など)

→「フリーランス大歓迎!メディアの実績を積めるスポーツ支援の営業職」

 

・組織や企業の成長をアピール(○○億円売上、立ち上げ、0→1、新規事業)

→「新規事業のwebデザイナー募集!フリーランスWANTED」

上原

おぉ!職種や仕事だけじゃなく相手の目を引くキーワードを入れるんですね。

Wantedlyのストーリーで会社をアピール

上原

ストーリーってなんですか?

「ストーリー」とは、ブログ記事のような機能のことだよ。

板垣

上原

求人媒体にブログ機能がついてるって面白いですね!でも、ストーリーに何を書けば良いんですか?

「ストーリー」には、会社での日常や社員インタビューを投稿すると効果的だよ!そうすることで、求人募集情報だけでは伝えられない企業のリアルな様子をユーザーに知ってもらうことができるんだ。イチミではメンバーのインタビューを載せてるよ!

板垣

上原

おぉ!これだと、その企業にどのような人がいるかよくわかりますね!

ユーザーの興味を引く情報を発信することでより多くのユーザーに記事を見てもらえて、応募に繋がることもあるから、たくさん書けるといいかもね。あと、多くの人に見てもらうためには、上記で言ったようにタイトルも大切だけど、画像にも注力すべきだね

板垣

上原

画像を上げる時の大事なポイントはなんですか?

まずは、記事の内容にあった写真を選ぶことだね!人物の写真を選ぶと記事を見てもらいやすいよ

板垣

上原

なるほど!確かイチミのインタビュー系のストーリは全部インタビューした人が載ってますね!

そそ!そして、タイトルが目につきにくい可能性があるから、画像の中に文字を入れるのをオススメするよ。

板垣

機能を有効的に使う(ミートアップ/スカウト/応援機能の活用)

上原

Wantedlyにはたくさんの機能があると聞いたのですが、具体的にどんなものがありますか?

上で話した「ストーリー」以外に、「ミートアップ」、「スカウト」、「応援」という3つの機能があるよ!これを活用すると企業の求める人材を見つけることができるんだ。簡単に説明していくね。

板垣

| ミートアップ

「ミートアップ」とは、気楽に会社へ来てもらい、会社を知ってもらうイベント開催の機能のこと。
採用には直結しない形で会社を知ってもらうことで、幅広い方々に興味を持ってもらえる。
気軽な感じで説明会を開催することができる。

| スカウト

「スカウト」とは、企業側が良い求職者を見つけた時に勧誘できる機能のこと。
Wantedlyではユーザーだけでなく、企業側からも職種・スキルなどの様々な条件からユーザーを絞り込むことができる
自社を知らないユーザーに対して、企業側の働きや事業内容を伝え興味を持ってもらうきっかけとなる。
不特定多数のユーザーに送るスカウトとは違い、個人へ送るスカウトになっているため相手の情報を事前に確認して、魅力的なメッセージを送ることが大切。

| 応援

ビジネスSNSと言われるWantedlyには「応援する」というボタンがある。
「応援する」というボタンからSNSに情報をシェアすることが可能で、シェアによって応募者が増えたり、Wantedlyの上位に頻繁に表示される可能性がある
社員全体で情報拡散に協力すると効率的に情報を提供できる。

上原

Wantedlyっていろんな機能があるんですね!

そうだね!このおかげで企業と求職者のミスマッチを減らすことができるんだ。せっかく利用するならこのような機能を取り入れてみるといいね!

板垣

まとめ

優秀な人を採用したい、プロジェクトの即戦力が欲しいと思っている方は、Wantedlyの運用を初めて見てはいかがでしょうか。

Wantedlyなら”共感採用”なのでミスマッチなく、優秀な人材を採用することができます。

フリーランス採用を取り入れようと思っている人事採用担当の方は、ぜひ本記事を参考にフリーランス採用のコツやWantedlyの運用方法を確認してください。

 

今後も当メディアにてWantedlyの運用方法や採用のコツなどのお得な情報を随時発信していきますので、お楽しみに!

また当社では、Wantedly運用代行でランキング一位を獲得した経験をもとに、無料相談を行なっております。

「Wantedlyでフリーランスの採用をしてみたい」

「Wantedlyの運用のノウハウをもっと知りたい」

「Wantedlyを活用したいけど時間がないからお願いしたい」

上記のような悩みをお持ちの方は、ぜひ以下のリンクからお気軽にご相談ください。

 

上原

読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です