Wantedly運用のプロが教える、トライアルプランの上手な使い方とは?

皆さんは「Wantedly」をご存知でしょうか。

給与や福利厚生などの条件面ではなく、理念や価値観の共感を重視した採用サイトです。

数ある採用サイトの中でWantedlyがどのような特徴を持っているのか。

そしてトライアルプランとはどのような機能なのか。

その秘密に迫ります…!

こんな方におすすめ

  1. 新たな採用媒体を利用したいと考えている採用担当者の方
  2. Wantedlyの利用を検討している採用担当者の方
  3. Wantedlyのトライアルプランを利用している採用担当者の方

プロフィール

【板垣勇渡】(Twitter

イチミ株式会社の取締役。2018年8月より株式会社LOGZの長期インターン生としてジョイン。採用コンサルや長期インターンの設計、採用媒体の運用代行を行う。その中Wantedlyの運用代行にて、インターン生や新卒学生、中途人材だけでなく、外国人のエンジニアの採用にも成功。

【垣谷南風見】Twitter
2021年3月からイチミ株式会社にジョイン、4月からイチミ初の新卒社員として勤務。川崎生まれ、川崎育ち。Wantedlyの運用代行や採用関連の事業に携わっている。

 

Wantedlyとは?

ホームページ

垣谷

板垣さん、よろしくお願いします!
よろしくお願いします!

板垣

垣谷

そもそも、Wantedlyとはどんな特徴を持った採用媒体なんですか?
Wantedlyは、給与や福利厚生などの条件面よりも「ビジョンに共感する」ことを大切にする採用媒体です。

ビジョンや、その会社がどういう世界を目指しているのかというところを重視した求人を打ち出すようになっており、逆に条件面については記載することができません。

板垣

垣谷

ええ?!それは、求職者の方から怪しく思われてしまいませんか?
そんなことはないですよ!ビジョンに共感することで求職者の方にとっても働く上での指針になります。また、入社後に条件面は良くても環境が合わなくてすぐにやめてしまう、というような事態も起こりにくくなります。

板垣

垣谷

なるほど…!

確かに、条件面にとらわれすぎて採用活動を行った結果、入社後に企業と社員の間でミスマッチが起きてしまっては、採用活動にかけた時間もお互い無駄になってしまい悲しいです。

そのようなすれ違いを起こさないためにも、ビジョンへの共感が大事になってくるんですね!

 

ポイント

  • Wantedlyは、給与や福利厚生などの条件面よりも「ビジョンに共感する」ことを大切にする採用媒体。

垣谷

Wantedlyの特徴は理解できました!そんな特徴を持っていることは企業にとってどのようなメリットがあるのでしょう?
まず、規模の大小に関わらず採用活動を行うことができるというところですね。ビジョンや共感を重視するサイトの作りになっているからこその強みです。

板垣

また、費用面でも強みを持っています。一般的に多くの大手採用媒体は、初期費用が無料で、サイトを通じて採用した場合に成果報酬で料金が発生します。一方でWantedlyでは月額制のプランだけが用意されており、何人採用しても追加の料金は一切かかりません。

板垣

垣谷

つまり採用すればするほど、採用単価が下がるということですか?
そういうことです!

板垣

垣谷

ここまで聞いていると、Wantedlyはすごく使い勝手が良い媒体のように思えます。逆に弱みはありますか?
会社ページを自社で運用しなければいけないということですね。Wantedlyはビジョンへの共感を重視する分、その会社がどのような思いを持っているのかを継続的に発信していかなければなりません。

板垣

 

Wantedly導入のメリット

  • 規模にかかわらず採用活動を行うことができる
  • コストが安い

Wantedly導入のデメリット

  • 会社ページをしっかり運用し続けなければいけない。

Wantedly登録のメリットとデメリットは?どんな人が使うべきか?

Wantedlyのトライアルプランとは?

垣谷

ここまで聞いていると、Wantedlyを導入するには正直運用面での不安が強いですね…。
そんな時にオススメなのが、「トライアルプラン!」

板垣

垣谷

トライアルプラン?お試しでWantedlyを利用することができるということですか?
そうです!登録してから30日間、無料でWantedlyの機能を利用できるようになります!

板垣

垣谷

1ヶ月も!それだけあれば、Wantedlyでどのように採用ができるのかを見極めることができますね。
ただし、Wantedlyの機能の中でトライアルプランで利用できるものと、できないものがあります。

板垣

垣谷

利用できるものからお聞きしたいです!
はい!Wantedlyのトライアルプランで利用できる機能は主に4つあります!

板垣

  • 管理画面へのアクセス人数を3人まで登録
    募集やストーリーの投稿をするための管理画面へのアクセス権を3人まで登録することができます。社員を会社のメンバーとして追加することは何人でもできます。
  • 候補者先着5名のプロフィール閲覧
    候補者(=求職者)から来た応募について、先着5名までメッセージのやりとりをすることができます。6人目以降は、メッセージのやりとりだけでなく、候補者のプロフィールの確認もすることができなくなってしまいます。
  • 募集要項を5記事作成
    職種や採用形態別に5つまで募集することができます。中途からインターンまで、あらゆる職種で募集を作成できます。
  • シンプルライティングメールでのサポートを受けることができる
    困った時にメールでサポートを受けることはできます。メールなので対応は遅くなってしまいますが、トライアルプランでもしっかりサポートを受けられます!

垣谷

こんなに充実した機能を利用できるんですね!逆に利用できないものは何があるんですか?
まずスカウト機能が利用できません。この機能があるとWantedly上のプロフィールからスキルや経歴、この先やってみたいことなどを検索して、会いたい候補者に直接メッセージを送信できるようになります。

板垣

次にミートアップ機能も利用できません。この機能では選考を目的とせず、会社に興味を持っている人や特定の興味・関心を持った人が集まり、ディスカッションや意見交換をする「コミュニティ参加者」を募ることができます。

板垣

垣谷

トライアル期間である30日が過ぎたら、登録した情報は使えなくなるんですか。
はい、募集については「募集終了」と表示され、応募が受け付けられなくなります。でも、ストーリーは引き続き新規公開や編集ができるんですよ!

板垣

垣谷

ストーリーがあれば、その企業の理念についてのエピソードについて投稿することもできますもんね。Wantedlyの強みを象徴する機能のように思います。
そういうことです!ストーリー機能は企業アピールのために上手に活用していきたいですね

板垣

トライアルプランはどんな企業にオススメ?

垣谷

ここまででトライアルプランの機能について理解することができました!トライアルプランをうまく活用すれば、無料でも30日間十分に採用活用を行うことができそうです!
そうですね。Wantedlyの利用を検討している方にプランを利用しない選択肢はないと思います。特に理念や価値観に共感してくれる求職者と話してみたい企業の採用担当の方に利用してみて欲しいですね。

板垣

Wantedlyを運用する上で大事なこととは?

垣谷

そういえばWantedlyの弱みとして「自社で運用しなければならない」とありましたが、どういうことですか?
Wantedlyを運用する上で最も重要なのはPV数を増やすことなんです。そのために定期的な募集の更新ストーリー投稿を行う必要があります。募集は日にちが経つほどPV数が下がる傾向にあるため、タイトルや写真を変えながら週に1回以上のペースで更新をする必要があります。

板垣

垣谷

確かに、それを採用担当者だけでやるとなるとなかなか手間がかかってしまいますよね…
PV数を上げるためのもう一つの機能として「応援数」があります。Wantedlyを運用する上では会社全体で協力して、社員がSNSでシェアをしていくことが重要となります。

板垣

垣谷

採用担当者の方だけでなく、企業全体で採用活動を盛り上げていかなければならないということなんですね。

 

自社でのWantedlyを運用する際に、PV数を上げるために大切なこと

  • 定期的に募集を更新する
  • 定期的にストーリーを投稿する
  • 応援数を増やす

垣谷

Wantedlyの運用を上手に行っていくためには、採用担当者が頑張るしかないのでしょうか…?
そんなことはないですよ!Wantedly運用のプロである運用代行会社に依頼する方法で、確実に成果を上げることができます!

板垣

垣谷

運用を代わりにやってくれる会社があるんですね!具体的にはどんなことをしてくれるんですか?
代行会社によって異なりますが、企業ページの初期作成、募集要項の投稿、インタビューなどの記事投稿を一貫して代行してくれます。文章だけでなく、画像や募集要項などを、Wantedlyユーザーにしっかりと響くように作成してくれるんです。

板垣

垣谷

運用代行を利用すれば、エントリー数増加待ったなしですね!

Wantedly(ウォンテッドリー)のランキングアップは大事なの?運用代行のプロに聞いてみた!

まとめ

Wantedlyトライアルプランのポイント

・Wantedlyは「ビジョンへの共感」を重視する採用媒体

・トライアルプランでも十分にWantedlyの機能を利用することができる

・Wantedlyを最大限に使いこなすには運用を行う必要がある

垣谷

無料でも多機能なトライアルプラン、是非使っていきたいです!
そうですね、普通の採用媒体には無い機能があるので、一度利用してみる価値は間違いなくあると思います!

板垣

垣谷

今日はトライアルプランについて教えてくださりありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です