Wantedlyのユーザー数ってどのくらい!?どんな人が使っているの?

「Wantedlyって聞いたことがあるけど、どれくらいの人が利用しているの?」

「使いたいけど、本当に信用できるものなの?」

そんな悩みを抱えている人に向けて、今回は、「Wantedlyのユーザー数」はどのくらいいるのか、Wantedly株式会社 パートナーセールス担当の松山さんにお話を伺い、詳しく分析しました!

プロフィール

 

【松山 弘紀】

学生時代から様々な企業インターンを経験する中で「人材と会社のミスマッチング」について関心を持つ。

大手消費財メーカーを経て、「シゴトでココロオドルひとをふやす」というWantedly,Inc.のミッションに感銘を受け、2018年に同社にジョイン。インサイドセールス、エンタープライズセールスを経て現在はパートナーセールス担当として日々Wantedly(ウォンテッドリー)企業ユーザーへの手厚いサポートを行っている。

 

 

【林千彩乃】( Twitter

2020年12月よりイチミ株式会社に長期インターンとしてジョインした大学2年生。現在、メディア記事執筆を中心に運用代行を行なっている。何か他の人と違う面白いことをしたい!という気持ちが大きく、現在日本一周中。

 

Wantedlyとは?

 

Wantedlyの個人ユーザー数は250万人を突破しています。Wantedly自体が、どのようなサービスなのかを紹介します。

 Wantedlyは仕事のつながりを「人」を大事に、「出会い、つながり、つながりを深める」「はたらくを面白くする」ための SNSビジネスです。

そのため「給料や勤務時間を載せていない」という部分が、他の採用媒体と異なる点です。ただし、Wantedlyには「企業の理念、メンバー、価値観」などの部分が細かく掲載できるようになっています!

・会社訪問アプリ「Wantedly visit」(個人ユーザー向け)

・つながり管理アプリ「Wantedly People」

を提供し、企業ユーザー向けにはWantedlyを活用した採用サービスを提供

入社後のメンバーの活躍、定着を支援するエンゲージメントサービスである

・Wantedly Perk

・Pulse

を提供しています。

現在のWantedlyについて

登録社数は35000社、ユーザー数は250万人を突破!

 

今回はWantedly株式会社の松山さんに、詳しいお話をお伺いしたいと思います。

本日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします!!

松山さん

早速質問です。Wantedlyを登録している会社数は現在、どのくらいですか?

2012年2月のサービス公式リリースから現在まで、登録社数35000社を超えています。利用企業の種類としては、情報通信や、コンサルティング・リサーチ、広告・マーケティングの他にも人材・介護・サービスなど、様々な業種の企業様が利用しています。

松山さん

そうなんですね、最近では食品やアパレルなどの業種の参入も少なくはない気がします!Wantedlyを使用しているユーザー数は、どのくらいいますか?

個人ユーザー数250万人を突破しています。

松山さん

そんなに多くのユーザーが利用しているんですね、登録ユーザー層の職種はどのような感じなんですか?

最初は、ITリテラシーの高いユーザーの登録が中心でしたが、最近では、出版、医療、金融業界で働くユーザーの登録も多く多様な層にアプローチができています。登録ユーザーの職種としては、エンジニア、デザイナー、セールス、マーケティング、ディレクター、コーポレートと、たきに渡っています。

松山さん

様々な職種の方が登録されているんですね!職種の割合はどのような感じなのでしょうか?

エンジニアの割合が多く32%、デザイナーがついで13%、セールスが17%、マーケティングが16%、ディレクターが10%、コーポレートが12%です

松山さん

エンジニア、デザイナー、セールス、マーケティングなどIT人材の割合が多いんですね!

そうですね、それがWantedlyの特徴ですね。

松山さん

登録している企業もやはり、IT系が多いんですか?

情報通信が一番多く、次にコンサルティング・調査、広告・販売促進、情報通信が続いていますね。

松山さん

利用する年代層の割合を教えてください。

20~29歳が41%利用しており、30~39歳が36%を占めています。

松山さん

利用者の20歳〜30歳で半分以上占めるんですね!

そうですね、しかし40~49歳のユーザー数の割合が17%で、50歳以上のユーザー数も6%なので、幅広い年代に利用してもらっている感じですね。

松山さん

Wantedly人気の秘密

Wantedly 応援機能

そのような、ユーザー数を多く獲得した工夫は何がありますか?

実は、Wantedlyのサービスを始めた時にユーザーマーケティングをしていないんです。Wantedlyには応援機能というものがあります。

松山さん

応援機能というものはどういうものなのですか?

掲載されている求人情報には必ず「応援」ボタンがあり、

そのボタンを押すことで、FacebookやTwitterなどのSNSでシェアすることができる機能です。FacebookやTwitterな共有してもらい、情報感度の高い学生や中途で会社を探している人が見つけ、またそれが広がり、Wantedlyの認知度が上がった感じですね。

松山さん

募集の応援するというボタンを押すと上記のような画面が出てきます。こちらからFacebookもしくはTwitterより、応援、拡散をすることができます。

応援機能については下の記事を参照ください!

Wantedlyの最強チート!「応援機能」で効果倍増ってどういうこと?

Wantedly スカウト機能

他社にはない魅力、Wantedlyならではの魅力がございましたら教えてください

Wantedlyでは、プロフィールで求職者の経歴を詳しく入力すると、その人に興味を持った企業からスカウトを受けて企業の担当者と話をすることができます。

松山さん

なるほど。スカウト機能があることで、求職者にとって可能性が広がる気がします!

そうですね。スカウト機能があることで、自分の経歴やスキルをこんな企業、事業で行かせることができるんだ!っていうのを体感できると思います。

松山さん

スカウト機能については下の記事を参照ください!

Wantedlyプレミアムスカウトで新卒採用コスパは上がるのか!?

他に、Wantedlyにしかない魅力はありますか?

Wantedlyには、企業が記事をかける欄がありまして、

・企業の働き方を紹介する記事

・掲載企業の社員やインターン生に関するインタビュー記事

・創業ストーリー、商品開発に至ったまでの経緯に関する記事

などがあり、求職者にとって企業の理念や、働き方、考え方について知ることができます。

松山さん

私も実際に使ってみて、企業に働いている人のストーリーとか、社長のストーリーを読んで、価値観が変わりました!

そのような、企業が書ける記事というのもWantedlyの魅力的な部分で、そこで企業の特徴がわかると思います。

松山さん

イチミ株式会社CEO 杉浦代表のストーリー

詳しくは以下からご覧ください!

https://www.wantedly.com/companies/ichimi/post_articles/301612

まとめ

今回は Wantedlyのユーザー数を増やした方法についてWantedlyの松山さんに話をお聞きしました!

Wantedlyには様々な工夫を凝らした機能があり、それによってユーザー数が増えたようです。

多くのユーザー数を獲得しているWantedly!

そんなWantedlyを利用している企業の皆さんに朗報です!

Wantedlyの運用代行事業をおこなっている、イチミ株式会社が現在期間限定で無料相談を行っていますので、お気軽にご相談ください。Wantedlyの導入から、記事を出すところ、来たエントリーに対してどのように対応すればいいかということのサポートだけでなく、採用マーケティングに関することであればプラスアルファまで。誠実にサポートを行っています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です