採用モンスターの謎に迫る!たった5分で全てを理解できます!

みなさん、「採用モンスターズ」って知っていますか?

副業したい人事と企業のマッチングプラットフォームを提供しているようなのですが、 ぶっちゃけ何をしているのか、わからないという人多いのではないでしょうか。

サービスサイトを見ても、イラストのインパクトばかりが入ってきてしまいます…笑

このモヤモヤを解決すべく、この板垣、株式会社採用モンスターの代表、おっしーさんにインタビューをしてきちゃいました! この記事で採用モンスターズを徹底解明しちゃいます!それでは早速いきましょう!

【おっしー(鴛海敬子)さん】(Twitter) (note)  
株式会社採用モンスター代表取締役社長 人事歴10年、前職では年間68名のエンジニア採用を実現。枠にはまらない採用手法で採用成功に導いた経験からついたあだ名は採用モンスター。
【板垣勇渡】(Twitter) イチミ株式会社 取締役。2018年8月より株式会社LOGZの長期インターン生としてジョイン。 採用コンサルや長期インターンの設計、採用媒体の運用代行を行う。その中Wantedlyの運用代行にて、インターン生や新卒学生、中途人材だけでなく、外国人のエンジニアの採用にも成功。

そもそも採用モンスターって何?

おっしーさん

まず私の方から聞いてみたいのですが、採用モンスターってどんな会社だと思ってますか?

副業をしたいと思っている人事の方と、採用に困っている企業をマッチングしている会社という認識です…。

板垣

おっしーさん

あってますが、その程度の認識しかないですよね…!
自分でも言うのもなんですが、私たちが行なっているサービスは、これからの採用の常識を変えることのできる革新的なサービスなんです。

ふむふむ…。そこまで言われるとめっちゃ詳細が気になりますね…。

板垣

おっしーさん

ですよね!
その説明をするために、また一つ質問をしたいのですが、全ての会社に、専任の人事担当者っていると思いますか?

うーん、イメージ的にはいそうな気がしますが、かなり工数がかかる仕事なので、特にベンチャーではいないのではないでしょうか。

板垣

おっしーさん

おしゃっる通りで社長や営業担当者が人事を兼任していたり、未経験の人が人事の責任者をしていたりする会社は多くあります。

やはり、そうなんですね…。

板垣

おっしーさん

ただ、人事の知見がない状態で、採用のPDCAを回してしまうと、エラーが起こり人が不幸になってしまいますし、採用費含めて余計な部分にお金がかかってしまいます。

なるほど、そこで活躍するのが、採用モンスターなんですね!

板垣

おっしーさん

そういうことです!

実績は出ているの?

実際に発注したとしたら、人事の方はどのくらい稼働をしてくれるんですか?

板垣

おっしーさん

基本的に、週に一回MTGを行なっていただき、それ以外の時間はチャットでやりとりをしていただきながら、進めてもらいます。

直接話すのは週に一回なんですね!結構少ないように感じちゃいました。

板垣

おっしーさん

MTGの回数だけを見たら少なく感じるかもしれませんが、かなりチャットで細かく対応をするので、稼働する回数としては少なく感じることはないかと思います。

チャットですぐに対応してくれるのは安心感があっていいですね!
ちなみにおっしーさんもサポートには入ってくださるんですか…?おっしーさんがいてくれるだけで安心感が変わるかなと思いまして…。

板垣

おっしーさん

はい!何か困った時の相談や、SNSの拡散を手伝いなどは積極的にさせていただいております!また、Twitterやリクルーター育成などの講座も無料で行なっていたりもするので、どんどん私も活用をしていただきたいです!

派遣してくださる人事の方や、おっしーさんがサポートをしてくれる間は心配ないのですが、サービスが終わった後が心配です…。

板垣

おっしーさん

そこもご安心ください!基本的にモンスター導入の最終的な目標は、社内にナレッジを残し、内製化することなので、未経験の方でもどなたか一人、担当者として立てていただいていて、その方の教育もどんどんしていきます。

なるほど、自社だけで回す体制まで作ってくれるのか…。それは安心できます!
ちなみに現在累計で何社導入されているのですか?

板垣

おっしーさん

累計で30社ほど導入しています。

その中で結果が出た会社などあります?

板垣

おっしーさん

そうですね、いくつか実績の記事も作成しているので詳しくはそちらをご覧いただきたいのですが、全くインターン採用をしていなかった会社が導入して、インターンの応募率が18倍以上になったり、エンジニア採用で支援に入っていた会社様で、エンジニアはもちろん、人事の方からの応募が40名以上来たりと、様々な形で結果が出ています。

すごいな…。めっちゃ結果でとる…。
ちなみにモンスターを入れる場合、最短でどのくらいの期間で導入できますか?

板垣

おっしーさん

最短、10日程度で導入が可能です!

はや!絶賛困っている会社はすぐにでも問い合わせした方が良いですね…!

板垣

採用モンスターはどうやって生まれたの?

そんな採用モンスターはどのように生まれたのですか?

板垣

おっしーさん

前職でメイプルシステムズから転職した際に、うちで人事をやらないかと60社ほどからオファーがありました。
その中で一社良いなと思っていた会社で進んでいたのでそこで入社を決めようかなと思っていた時に、取締役の古徳と話す機会がありこう言われたんです。

「おっしーが転職したら、60社のうち救えるのは1社しかないけどいいの?」
「おっしーみたいな人を困っている会社にスキルシェアして紹介したらそれはビジネスになると思うよ。」

おっしーさん

もともと会社を起こすつもりはありませんでしたが、60社助けたい!という思いになり。
この事業なら、自分の掲げているミッションである、「人事で組織を元気にする」ということも達成できると思ったので、採用モンスターを始めることにしたんです。

古徳さんめちゃかっこええ。

板垣

おっしーさん

始めると、Twitterで言ったら、すぐに200名ほどの人事の方から興味があると反応が来て、これはいけるなと感じましたね。まだまだ、導入社数も少ないですが、早く社外人事を利用することが当たり前な世界になるように、頑張っていきたいです!

広報も採用モンスターにお任せ!

おっしーさん

社名に採用とついているので、採用のみのサービスと思われがちですが、広報やホワイトペーパーの制作の手伝いもしているんです!

え!そうなんですね!

板垣

おっしーさん

実際にホワイトペーパーの作成や広報を行なったことのある方ならわかると思うのですが、
ネタだしや、長期的な視点を踏まえての広報って非常に手間と知識が必要なんです。

確かに…。プレスリリースとかだと、決まった型があるとも聞きますし、
作りたいなと思ったネタがあったとしても、時間がなくて作れないことばかりです…。

板垣

おっしーさん

そうなんです!採用はもちろんなんですけど、この広報のお手伝いもかなり問い合わせが来ているので、需要が高いんだなとしみじみ感じます。

まとめ

かなり情報量の多いインタビューだったので、すべてを伝えられてはいないかもしれません…。ただ、採用モンスターの熱量や、サービスの概要はご理解いただけたかと思います。

採用にお困りの企業はもちろんのこと、副業を始めたいという人事の方も募集しているとのことなので、少しでも興味があれば、是非お問い合わせください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です