食う飲むだけじゃもったいない!一生心に残る内定者懇親会の作り方

「新入社員の定着度を高めたい!」「新しく採用したメンバーのモチベーションを上げたい!」

こんな思いを持って新卒社員を採用している人事担当者必見!

今回は、LITALICOの人事、柴田茉歩さんと下坂朋さんへのインタビュー!株式会社LITALICOは「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げ、就労支援、幼児教室・学習塾などの教育サービスを提供する会社です。社会にある障害をなくしていくことを通して多様な人が幸せになれる「人」が中心の社会をつくっていくーーーそんな会社だからか、内定者のエンゲージメントを高める取り組みに注目が集まっています。

今回はそんなLITALICOさんの「内定者懇親会」をお聞きしてきました!人生の大きな節目といっても過言ではない内定式。会社に入る前からモチベーションを上げるために、どんなを懇親会を作っているんでしょうか?

【柴田 茉歩】(Twitter

2016年新卒入社。大阪大学法学部卒。大学の時は家庭裁判所の裁判官になりたいと考えていたが、何か起きてからではなくその前に子どもたちをケアしたいと思うようになり、LITALICOへ。入社後、リタリコジュニアで1年目は指導員、2年目は教室長として拠点の経営戦略に携わる。その後二回転職を経験し半年前に出戻り。現在は新卒採用メインの人事。

【下坂 朋】Twitter

2018年新卒。早稲田大学文化部卒。大学までは特に教育や福祉のことをやってきたわけではないタイプ。リタリコジュニアで一年半ほどの教室経験を積んだ後、人事へ移動となった。

 

【堀家実悠希】Twitter

コロナの前から時代の最先端を走っていたイチミ史上初のオンラインインターン生。広島からジョインしている大学4年。人事・就活生向け記事の執筆や、インスタグラムアカウントの運用などを担当している。鼻が悪い。

 

内定者懇親会を飲み食いする場だと思うべからず

堀家

柴田さん、下坂さん、本日はよろしくお願いします!イチミインターン生の堀家です。就活終わったばっかりで、内定者懇親会はこの前ありました!タイムリーなので、今回内定者懇親会の企画のお話を聞けるの楽しみにしてたんです。

はい!よろしくお願いします!

柴田さん

よろしくお願いします。この前内定者懇親会だったんですね!

下坂さん

堀家

そうなんです。ズームで内定者の方や先輩社員の方々とお話ししました!早くオフラインでもお会いしたいな~と思ってます(笑)

そうですよね…。私たちは冬にやるので、それまでに収まってほしいなと思います。今日は、去年の内定者懇親会についてお話していきますね。懇親会でやっていることはこんな感じです!

1 写真撮影

2 新入社員同士の人脈づくりのサポート

3 おいしい食事会

柴田さん

堀家

おいしい食事会…(じゅるり)

(笑)ひとまず上から順番に説明していきますね!

柴田さん

堀家

お願いします!

写真を撮って一石三鳥

まず、お一人お一人のお写真を撮影するという企画を作りました。先日「内定式」のインタビューでお話しした、「Beの在り方」のワークシートをもって撮る企画です。

柴田さん

堀家

その写真は何に使うんですか?

もちろん、記念すべき内定式の写真という意味合いもありますが、これは勤怠管理の写真になるんです。

下坂さん

堀家

なるほど!毎日見る写真になるのか…初期のころの気持ちをいつでも思い出せそうですね。

そうなんですよ。どこの部署にどんな人がいるのか、というデータベースにもその写真が登録されるので、働く人の顔が見えて会社に愛着がわきやすいくなります。

柴田さん

堀家

そんなシステムがあるんですね。

はい!社員交流をしやすいシステムを導入してます。

柴田さん

本番ではスケジュール進行の兼ね合いもあって、カットしなければならない企画も出てきたのですが…臨機応変な対応ができたことはよかったと思います。

下坂さん

堀家

柔軟に対応できるかどうかも腕の見せ所ですね。

見えない「縁」を繋いで入社後の絆づくり

堀家

次は…人脈づくりのサポートですね。

はい。実は、内定者懇親会に参加する社員の役割としては「ネットワークを作る係」というのもあり…。

柴田さん

堀家

仲介役みたいな感じですか?

そうです!面接内容や出身などの属性から、「この方とこの方は引き合わせておこう!」というのをあらかじめ考えていて、その方たちを合わせるんです。

下坂さん

堀家

素敵!そういうのって、情報を知らないと全然縁がつながらないですもんね。助かります…!

例えば、ある方に「この方も音楽が好きなんだって!」という感じで。趣味が同じだったりする方は話も弾みやすいですし、配属先が違ったとしても交流が続いていくことがありますね。

柴田さん

堀家

いいですね~その時に連絡先とかを交換しておけば、入社前から友達ができて心強いですよね。

事業部をまたいでコミュニケーションをとれるようにしておくのって大切なんですよ。

柴田さん

堀家

お二人も何かそういう経験がおありですか?

何かで行き詰ったりしたとき、他部署の仲間に連絡して解決策を広げるとか…あとは土日の勉強会にも誘いやすいですし。

柴田さん

会社全体を見つめて横断的な支援に生かせることもありますしね。

下坂さん

堀家

確かに、そういう時に心強いですね。

あとは、私たちの会社には社内移動制度というものがあるので、自分のキャリアを考えていく上でも、他部署の仲間との交流はプラスになるなと思っています。

柴田さん

食事会にもたくさんの工夫が!

そして皆さんお待ちかねの食事です!ここでもちょっとした工夫を凝らしました。

柴田さん

堀家

どんな工夫ですか?

みんなが見てワクワクするような美しい食べ物を用意しました。旗をつけたり、メニューの頭文字をとると「リタリコ」になるようにしたり…。

柴田さん

堀家

面白い~!メニューを教えてください!

ローストビーフ リンゴソースの「リ」

タラもポテトのキッシュの「タ」

蒸し野菜リコッタソースの「リ」

こんがりチキン お花のクスクス添えの「コ」

です!

柴田さん

堀家

おいしそうすぎる!!!そしておしゃれすぎませんか(笑)

あとはサプライズでケーキを用意しました。

下坂さん

堀家

素敵…。

カラフルでおいしそうなケーキ。分けやすいように工夫されている

懇親会全体を通して、会社のコーポレートカラーであるレインボーを意識しました。みんな違ってみんないい、っていうのを視覚的にとらえてもらおうと思って。料理もカラフルです(笑)

柴田さん

堀家

ほかに何か工夫点はありましたか?

そうですね、例えばアレルギーがある方には事前アンケートをとりました。私たちの会社は自分の配慮事項について発信していこう!という会社なので、そういった「何か事情がある時に言いやすい」コミュニケーションを日ごろから採っておくのも大事ですね。

柴田さん

堀家

アレルギー配慮、確かに大事ですね!

あとは配慮繋がりで行くと、未成年の方には目印になるようなネックストラップをつけていただいて、アルコールを間違って飲まないようにするとかですね。

下坂さん

堀家

なるほど…。みんなが楽しめるのはもちろん、トラブルにあって悲しい思いをする方もいないようにいろんな方面への配慮も欠かさない姿勢を見習いたいです…!

まとめ

堀家

内定者懇親会の素敵なお話、ありがとうございました!

企画のポイントは、内定式の企画の時にもお話ししたように、全体としての一貫性を持たせることですね。採用から入社まで、一貫した流れの中にあって、内定式だけとか、懇親会だけを単体で考えるものではありません。

柴田さん

堀家

そうですよね。その流れがスムーズだと、内定者のエンゲージメント向上につながると思います。

あとは、その年その年の学生さんの顔を思い浮かべて、その時にあったものを作り上げていく、オーダーメイドの意識です。

柴田さん

堀家

というのは…?

例えば去年は、事業部別採用・育成が始まった年だったんです。だから選考途中に関わりがなかった同期も多いので、社長や上層部の方を呼ぶ、というよりは同期同士のつながりを作ってもらうことをメインにするためにそれまでの内定式・懇親会と内容をガラッと変えたんですよ。

柴田さん

堀家

毎年毎年「例年通り」の懇親会をやるのではなくて、代の特色によってぴったりの内定式を作っていくということですか?

まさにそうです!主役は内定者の方々なので。そうやって、新しい仲間を迎えてうれしい気持ち、共に働けるのが楽しみだという気持ちを誠実に真摯にお伝えしたいですね。

下坂さん

堀家

こうやって裏で考えてくださる方々の想いに触れることができて、私も本当に良かったです!本日はありがとうございました!

ありがとうございました!

柴田さん

ありがとうございました!

下坂さん

堀家

このインタビューを読んで、働く人の想いに触れたい!と思ったら、ビジョン共感型採用SNS「Wantedly」(ウォンテッドリー)へ。イチミでは運用代行を行っております!現在期間限定無料相談受付中です。是非お気軽にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です