新卒の定着率をアップさせたい!そんな時の3つの秘訣って?

「せっかく採用したなら長く一緒に働きたい」「長く楽しく働いてもらうために、まずは何から考えたらいいの?」

こんな思いを持って新卒社員を採用している人事担当者必見!

今回は、千株式会社の人事、勝井愛美さんへのインタビュー!千株式会社は、主に教育機関における写真撮影から販売までをIT化する「はいチーズ!」で業界トップシェアを誇り、近日は保育業務支援システム「Hoisys」を新たに展開し加速している会社です。新卒採用活動にも力を入れており、昨年は45人の採用に成功。3年定着率も年々アップを目指しています。

そんな千株式会社の離職率を下げる採用活動のポイント」をお聞きしてきました!離職率を下げる=定着率を上げるためには、まず「採用活動」から戦略を練る必要があるのだとか!?

【勝井愛美】(Twitter

新卒入社後、学校写真販売の在り方を見直しイノベーションを起こすインターネット商材「はいチーズ!」の営業を経験後、新規事業開発グループで潜在的な顧客ニーズの把握を行う。その後、人事として主に若手の採用から定着までを担当。大阪人というだけでオチを求められるため、日々プレッシャーを感じている。

【堀家実悠希】Twitter

コロナの前から時代の最先端を走っていたイチミ史上初のオンラインインターン生。広島からジョインしている大学4年。人事・就活生向け記事の執筆や、インスタグラムアカウントの運用などを担当している。鼻が悪い。

 

新卒の定着は「入社前から」が肝!

堀家

勝井さん、本日はよろしくお願いします!

勝井さんの会社で新卒向けに取り組んでいる「定着率アップ」の施策について伺いたいのですが…

わかりました!

勝井さん

堀家

具体的にどのような取り組みをされているのですか?

新卒の定着は「入社前」からが肝で、大きく3つの要素があると考えています!

1つ目が、一緒に働く仲間との対面

2つ目が、実際の業務に触れ合う

3つ目が、入社後のフォローアップ

です。

勝井さん

堀家

綿密に練られているんですね!

はい!

まず、1つ目と2つ目に関してですが、私たちの会社ではどちらも入社前の施策となります。

ちなみに、堀家さんは3年以内に会社を辞めちゃう人の理由で常に上位にランクインしている項目をご存じですか?

勝井さん

堀家

…待遇、とかですか?

実は、人間関係なんです。

勝井さん

堀家

人間関係!

だから、私たちの会社ではそこにフォーカスして、学生が入社後に「違った!」と感じないような企画を立てています。

勝井さん

堀家

なるほど!詳しく教えてください!

定着率アップの施策について語る勝井さん

「春から入社」が楽しみになる内定者懇親会

仲間作りのための企画としてメインになるのは内定者研修です。

勝井さん

堀家

実は私も就活が終わったばかりなので、他の企業さんの研修のお話を聞くの、ワクワクします(笑)

そうなんですね!タイムリー(笑)

私たちの会社では、仲間を作るためのイベントとして、一定のタイミングで内定者研修を設けています。それは内定者=同期の絆を深め、仲間意識を持って欲しいという想いがあります。

勝井さん

堀家

楽しそうですね!

やっぱり仲間を作れば作るほど、会社で働く“楽しさ”も増えると思うので!

勝井さん

堀家

勝井さんご自身もそのような経験がおありですか?

はい(笑)皆の良いところを習得して、自然と切磋琢磨できる環境があり、成長を感じることが出来ています。同期って一生ものですよね。だからこそ、新卒入社の皆さんには入社前から、どんな仲間がいるのかを知ってもらい、安心できる状況を作ってあげたいと思っています。

勝井さん

堀家

仲間がいなくて、だれにも支えられていない状況だとやっぱり「退職」の二文字が頭をかすめますもんね…。

ですね…。

勝井さん

堀家

具体的に、研修ってどんな感じなんですか?

入社時に困らないようなビジネスマナーなど社会人の基盤となる内容を意識しながらチームビルディングも取り入れています。内定者の絆を深めるために研修の後は、懇親会とかよくやってますね。内定者と人事だけ呼んでざっくばらんな雰囲気で楽しめる会や、配属部署の先輩社員も呼んで、いろいろ相談したり話せたりする会とか。内定者にどういうものが良いかヒアリングして実施しているので、その年によってやることは異なりますね。

勝井さん

堀家

えーー!楽しそうですね!

研修とは言いつつ、仲間を作るという裏目標があるので楽しい感じにしますね。次の参加も楽しみになるような…。

勝井さん

堀家

アイスブレイクの場にもなっていい感じですね。内定者の方って結構全国にいるのかな、と思うんですけど、揃うんですか?

テレビ会議などを利用して遠隔で参加できるようにはしています。日程も、日程調整アプリなどを利用して、みんなで参加できる日に設定しています。

勝井さん

堀家

日程をこちらの都合で決めて提示するのではなくて、きちんとみんなで調整するというのが温かくてうれしいですね!

そうかもしれませんね(笑)内定者の子たちには、必修授業いつあるの?とかも丁寧に聞いて、一方的ではなくコミュニケーションをちゃんととって、それで会えるように調整してます。

勝井さん

堀家

そういうところが結構見られてたりするんですよね。あ、人を大事にする会社なんだな、とか…。

そういった部分もあるかもしれませんね。

勝井さん

堀家

実際内定者懇親会をされてみて、内定者の学生さんたちにどんな反応がありましたか?

内定者の子たちも、どんな同期がいるのかってやっぱり結構気になるところではあるので、参加もしてくれるし盛り上げってくれますね。

勝井さん

堀家

確かに、正直めっちゃ気になりますもん(笑)

いろんなキャラの子がいたりして楽しいんですよね。例えばエンジニアの内定者と営業の内定者で、全然タイプが違うのに、めっちゃコアなゲームが好きっていう共通点で盛り上がって仲良くなってたりとか…。

勝井さん

堀家

入社前に結びつきを作って、仲を深めておくと働くのも楽しみになりますよね!

そして、ただ研修や懇親会など楽しい面ばかりではなくて、実務に触れてもらう機会も用意しています。内定者インターンですね。

勝井さん

「こんなはずじゃなかった」を減らす内定者インターン

堀家

出会って、接点持ってもらって、選考を受けてもらっていざ内定が出て、仲間を作っても、それで終わりじゃないんですね。

働くイメージを持ってもらうんですね。「思ってたのと違った」って、入社後すぐやめられてしまうのは、会社にとっても悲しいことだし、学生さんにとってもしんどいことだと思うので…。

勝井さん

堀家

その実際の業務内容の部分を忌憚なく伝えるのって大事ですよね。

そうです。だから、例えば営業職の内定者には営業研修で実務に触れてもらいます。アポ数を競ったり、数を追ったり、実際の社員が意識している項目を伝えて、それに対して納得できるか?というところをみてもらっています。

勝井さん

堀家

ビジネスへの姿勢も身につけられて、学生から社会人への移行もスムーズそうですね。

楽しいことだけではなく、社会人の第一歩としての機会も提供するのだそう。

入社後の定着までが「採用活動」。楽しく働けるフォローアップを

堀家

次に、入社後について教えてください!

入社後は、新卒も中途も関係なく面談を行います。

勝井さん

堀家

どういう思いをもって面談されているんですか?

私たちの会社って、ほんとにとても風通しがいいんですよね。だから、悩みを抱えている人にとっては、逆にその風通しのよさが「筒抜け感」に思えてしまって、悩みを相談しにくいかもしれない。そういった方の窓口になれるようにと考えています。

勝井さん

堀家

納得です。

秘密をちゃんと守って、匿名で、権限を持っている人に意見を上げるとか、情報を集めてサポートするとか。陰で動いています。

勝井さん

堀家

そういうシステムがあると、何かあっても大丈夫だ、っていう安心感がありますね。

例えばそれが会社の問題なのか、部署の問題なのかを知るだけでも全然違いますよ。

勝井さん

堀家

そうですね…。ほかに何か取り組んでおられることはありますか?

あとは、そもそも人間関係を構築するために、部署の垣根を超えてイベントとかをやっています。

勝井さん

堀家

楽しそうですね!どんなことをするんですか?

本年度はコロナの関係で中止としていますが、富士山に登ったりとかしてますね。

勝井さん

堀家

富士山ですか!?めちゃ絆深まりそう…。

あとは、会社で部活動の仕組みを作って、交流しやすいよう土台を整えたりもしていました。

勝井さん

堀家

いろんな人とコミュニケーションをとる、というのがポイントなんですね。

そうです、仲がいい人が多ければ多いほど、いざというときの受け皿も広くなりますからね。

勝井さん

堀家

チームを組んでお仕事をされることも多いと思うのですが、その時にはどんなことを心掛けておられるんですか?

チーム編成も結構柔軟に変えたりして、相談できる人を社内に増やすようにはしていますね。

勝井さん

堀家

個人的には、ずっと同じチームの方が働きやすいのかな、と思ってました。気心も知れてますし…。

そういった面もあるかもしれませんが、チームをいろいろ変えることでいろんな人のノウハウが取り入れられますし、メリットも大きいかなと思います。

勝井さん

堀家

確かにそうですね!

特に入りたての頃は、上司の仕事の癖がそのままついちゃったりして、スキルや考え方が偏ってしまうことも考えられますからね~。

勝井さん

堀家

適度にシャッフルすることで、スキルも人間関係も、いい感じにバランスをとることができるんですね。

まとめ

堀家

本日は詳しいお話ありがとうございました!採用活動は入社前から入社後まで続いているということが分かりました!

ありがとうございました!

勝井さん

堀家

入社前後でギャップをなくすためには、やはり気軽に積極的にコミュニケーションをとることが大事ですよね。
そうだと思います!

勝井さん

堀家

私たちが運用代行を行っているWantedlyは、「まずは話を聞きに行く」ボタンで気軽に社員の方とお話ができる、マッチ度の高い採用SNS なんです。興味がわいた方はお気軽にご相談ください!今なら期間限定で無料相談を受け付けております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です