採用にも「マーケティング」の視点が欠かせないってホント?

「採用活動にもマーケティングが必要なの?もっと知りたい!

「優秀な人材を採用し、会社の力を伸ばしたい!」

こんな思いを持っている人事担当者必見!

今回はSaaS企業にて広報PR兼BtoBマーケティングを担当しているおーさわさん「採用マーケティング」についてインタビュー!採用活動にマーケティング視点ってなんで必要なの?というところから具体的な戦略の練り方まで聞いてきました!

【おーさわ】(Twitter

とあるSaaS企業にて広報PR兼BtoBマーケを担当。│ 広報/PR/BtoB,BtoCマーケ/企画設計/ライティングなどが得意+営業/起業経験あり。SNSガイドラインが制定されていないため、顔出し、社名出しがNG。早く公表したい。笑

【堀家実悠希】Twitter

コロナの前から時代の最先端を走っていたイチミ史上初のオンラインインターン生。広島からジョインしている大学4年。人事・就活生向け記事の執筆や、インスタグラムアカウントの運用などを担当している。鼻が悪い。

 

マーケティングってそもそも何ぞや

マーケティングって言葉、使われすぎ説

堀家

おーさわさん、前回(記事はこちら)に引き続きよろしくお願いします!

ありがとうございます(笑)よろしくお願いします!

おーさわさん

堀家

おーさわさんは会社でマーケティングのお仕事をされているということで、採用活動におけるマーケティングの役割についてアドバイスが頂きたくて…!

わかりました!

おーさわさん

堀家

まず、そもそもマーケティングって何?っていう基礎の基礎から教えてください!

そうですね…「マーケティング」という言葉が使われすぎてしまっていて、そもそも「マーケティング」ってなに?という現象起こってますよね?

おーさわさん

堀家

いや、それ思ってました(笑)

そうですよね(笑)

おーさわさん

堀家

一応ググってみると”商品が大量かつ効率的に売れるように、市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝などの全過程にわたって行う企業活動の総称。市場活動。販売戦略。”ってなってますね。ヒェッ…(熟語への拒否反応)※Oxford Languageから引用

(笑)

おーさわさん

堀家

…で、結局何なんでしょう…

自社が採用したい人材のペルソナ設計をすること。
そして求職者がなにを望んでいるのか?のニーズを解明すること。
この2つが採用マーケティング設計の上流だと考えています。

おーさわさん

堀家

あ、意外とシンプルでした。

マーケティングは分析が肝

とはいえやはりマーケティングなので、数字や根拠の部分をちゃんと見なければならないところも出てくるんですよね。

おーさわさん

堀家

というと?

例えば、採用活動をしていてその途中のフェーズで辞退者が出たとします。

おーさわさん

堀家

はい。

となった時に、「残念だったなぁ」で終わらせるのではなくて、「なんでそうなったのか?」「どの部分が足りなかったのか?」「辞退する人にはどんな傾向があるのか?」というところを考えていかなければならないんですね。

おーさわさん

堀家

おおおなるほど…。

ほかにも、打ち出し方が悪かったのかな、とか、応募者が思ってたのと違うのかな、とか……色々考える必要があるんです。

おーさわさん

堀家

それを次に活かすんですね。

採用マーケは「数の多さ」よりも「マッチング」重視で

特に考えなければならないのが、求職者と会社側のマッチング率をいかに高めるかということですね。

おーさわさん

堀家

リーチ数の多さよりも、届くべき人に届くかどうかということですね。

そうですそうです!

おーさわさん

堀家

採用広報のインタビューの時も、似たようなことをおっしゃってましたよね。

そうですね、会社に興味のない層100人に届いて1人も採用されないよりも…?

おーさわさん

堀家

会社にマッチする5人に届いて4人を採用できた方がいい、でしたよね!

ですね!

おーさわさん

堀家

ありがとうございます(笑)

圧倒的消費者主義

マーケティングは「仕掛け&仕組みづくり」

会社のファンを増やす仕掛け

堀家

そもそもマッチングする人を増やすためにはどんなことができるんですか?

ファンマーケティングも一つの手段ですね。

おーさわさん

堀家

ファンマーケティング、ですか?(初めて聞いた)

会社を好きになってもらう、ファンになってもらうための仕掛けづくりですね。

おーさわさん

堀家

会社にファンを作る!そんなことができるんですか?

できますね!例えば自社サイトの使いやすさ、選考フロー、選考内容…これらってある意味「顧客体験」みたいな感じですからね。
それに、社員の方によるSNS発信はファン作りには最適だと思います。会社や業務内容のホンネを知れるし、働いている人の人柄が伝わりますよね。

おーさわさん

堀家

なるほど…。

伝えたい情報よりも「欲しがられている情報」を提供する仕組み

あと、企業が伝えたいことっていろいろあると思うんですが、それよりも、求職者の方が本当に求めているのはどんな情報か?をくみ取って、提供していけるような仕組みを作ったほうがいいですね。

おーさわさん

堀家

それをどうやって見つけるんですか?

設計したペルソナをベースに発信する情報が求職者に刺さっているのか?を分析し、効果検証していくことですね。

おーさわさん

堀家

ふむふむ。

一つじゃなくてもいいんですよ、ペルソナって。5個くらい出して全部走らせてみて、その結果からニーズを導き出すという手もありますね。

おーさわさん

堀家

試行錯誤と柔軟な対応…。

そして、持っている情報を整理して提供することですね。そんで「この人と働きたいな」と思ってもらえれば勝ちです。

おーさわさん

堀家

あくまでも「情報を受け取る側が主体」なんですね。

そうやってファンづくりをしていくと、ミスマッチを減らせると思いますね。

おーさわさん

堀家

納得です!

全社員を巻き込んでやる仕組み

あとは、人事だけでやろうとせずに、いろんな社員を巻き込んでいくことですね。

おーさわさん

堀家

お、対「内」的なマーケティング戦略も必要ですね。みんなを巻き込んでいけるような、必要性を感じてもらえるような…それでいて社員の想いやニーズも組むような。

そうです。やっぱり人事の方が一人で頑張るより相乗効果があるんですよね。

おーさわさん

堀家

確かに、ありそう!

例えばTwitterで企業アカウント一個作って運用するより、社員一人一人が現場のリアルを発信していくことで求職者の不安ってそぎ落とされていくと思うんですよね。これもマーケティングの手法の一つではあります。

おーさわさん

全員を巻き込んでやる広報しか勝たん

まとめ

堀家

本日は詳しいお話ありがとうございました!マーケティングってなんや、というところから実践的なお話まで、めちゃめちゃ参考になりました!

ありがとうございました!最後にまためちゃめちゃ大事なことを言いますね。

おーさわさん

堀家

な…なんでしょう?
今までに話したことってすぐに結果が出ることじゃなくて。すぐに芽が出るものでもないけど、でも毎日コツコツやり続けることが大事なんです。

おーさわさん

堀家

毎日コツコツ、一番難しいですよね…
そうなんですよね(笑)

おーさわさん

堀家

私達イチミが運用代行をしてるWantedly(ウォンテッドリー)がまさにそんな感じの「コツコツやることで結果が出る」メディアなんですよ!
そうなんですね!

おーさわさん

堀家

今なら期間限定で無料相談を受け付けてます!お気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です