Wantedly(ウォンテッドリー)の運用代行を行うイチミが教える!「話を聞きに行く」って何?

「話を聞きに行くって何?」

「話を聞きに行くボタンって、押したらどうなるの?」

「一般的な面接と何が違うの?」

Wantedly(ウォンテッドリー)を始めたばかりの人は他の媒体では見慣れない言葉に戸惑ってしまうかもしれません。

しかし、そこにはWantedly(ウォンテッドリー)ならではの特徴を活かすチャンスが!!

「話を聞きに行く」について知っておきたいことを、Wantedly(ウォンテッドリー)の運用代行を行う株式会社イチミの板垣さんに教えてもらいます!

【板垣勇渡】(画像右Twitter

株式会社LOGZで長期インターンを経験した後、イチミ株式会社の取締役へ!採用マーケティングを通してWantedlyの運用代行やコンサルティングをしている。

人事・就活生向けメディアも運用中!noteも執筆しており、「どりゃああ」という言葉が好き。

【葛西哲太】(画像左Twitter

2020年6月よりイチミ株式会社に、オンライン面接を経てインターン生としてジョインした大学3年生。現在は北海道にいながら、フルリモートでWantedly(ウォンテッドリー)の運用代行やメディアを担当している。深夜ラジオが好き。

「話を聞きに行く」ボタンとは?

葛西

今日はよろしくお願いします!

よろしく!

板垣さん

葛西

さっそくなんですけど、Wantedly(ウォンテッドリー)ってどんなアプリなんですか?

Wantedly(ウォンテッドリー)はマッチングを重視してるのが特徴的なアプリだね。

板垣さん

葛西

マッチング!?

ミスマッチをなくすために、企業の福利厚生とか給与ではなくて、想いとかどんなメンバーがいるのかっていう所にフォーカスした媒体なんだ。

板垣さん

葛西

なるほど。給与に惹かれて入社したけど雰囲気が合わずにやめるようなミスマッチを減らそうということですね!

そうそう。コンセプトの一つとして、まずはお互いの事を話しましょうよというのがあるんだ。Wantedly(ウォンテッドリー)はいきなり選考に進むんじゃなくて、企業と求職者側がお互いの事を話す機会を設けているんだよね。

板垣さん

葛西

Wantedly(ウォンテッドリー)がエントリーボタンではなく、「話を聞きに行く」ボタンにしている理由もそこにあるんでか!?

そう!Wantedly(ウォンテッドリー)では、いきなり履歴書を持って行って面接をするってよりは、カフェとか行ってラフな感じで始めるんだ。

板垣さん

葛西

なるほど!では気負うことなく「話を聞きに行く」ボタンは押していいんですか?

いいよ!気になる企業を見つけたら「話を聞きに行く」ボタンを押そう!

板垣さん

ボタンを押した後はどうなるの?

ボタンを押した後の流れ

葛西

実際に「話を聞きに行く」を押した後はどのような流れになるんですか?

企業側から連絡が来るから、Wantedly(ウォンテッドリー)内のチャット機能で日程調整を行って実際に会って話す流れかな!

板垣さん

葛西

なるほど!「話を聞きに行く」ボタンを押したら企業側から連絡が来るんですね!

ただ、返信が来ない場合もあるんだ。

板垣さん

葛西

そうなんですか!?

企業側も時間がかかるわけで、応募が100件あるからといって100人全員と話すことは難しいからね。ある程度のフィルタリングをしているところはあるかな。

あとプロフィールをみてうちの会社に合わなそうって人とかは返信が来ない可能性があるんだ。たとえばインターン生を採用したいと思って求人を出していたのに40代の方が来て話ても時間が無駄になってしまうからね。

板垣さん

~体験談~返信が来ない!?

そういえば葛西くんもWantedly(ウォンテッドリー)からジョインしてたよね!?

板垣さん

葛西

そうです!イチミ株式会社や親会社のフィードを読み漁り、いくつか求人を出していたのですべてに「話を聞きに行く」ボタンを押してました(笑)

しかし一日経っても返信がなかったためSNSでイチミを探して直接DMを送ったりしましたね。

後日Wantedly(ウォンテッドリー)から返信が来て、日程調整をして話を聞いたようなかたちでした!

なので求職者の方は、理念や想いに共感した場合はWantedly(ウォンテッドリー)以外のSNSなどで積極的にアプローチをしてみるのもいいかもしれません!

 

事前にできることは?

企業から返信をもらうコツは?

葛西

なるほど…。「話を聞きに行く」ボタンを押した後の流れは分かってきました!では返信をもらいやすくするにはどうしたらいいのでしょう?

まずはプロフィールの埋められるところを全部埋めちゃうこと!企業がメッセージを送る前に見るのはプロフィールだからね。

それから個人的な好みもあると思うんだけど、人柄がわかるような顔の写ってる写真にすることかな。履歴書の写真とかより、どんな人か伝わりやすいからね!

板垣さん

葛西

そうなんですね!かっちりとした写真の方がいいのかと思っていました。

あとWantedly(ウォンテッドリー)には「この先やってみたいこと」を書く欄があるのが特徴的だと思っていて、そこに力をいれて書くといいんじゃないかな。

その会社が目指している将来とその人が目指している将来像がマッチしているかどうかが重要になってくるだろうからね。

板垣さん

葛西

ありがとうございます!ちなみに、「話を聞きに行く」ボタンって「今すぐ一緒に働きたい」「まずは話を聞きいてみたい」「少しだけ興味があります」のどれを選ぶかで返信率が変わってくることはあるんですか?

変わってくるかも知れないけど、めちゃくちゃ意識をしている会社は少ないんじゃないかな。ただ、「少しだけ興味があります」より「今すぐ一緒に働きたい」のほうが志望度が高いことは伝わると思うよ!

板垣さん

 

事前準備は何をすればいい?

葛西

では「話を聞きに行く」にあたって具体的にはどんな準備をすればいいんでしょうか?

話しの質を高めるためにも、会社のことはきちんと調べていった方がいいかな!求職者側もその会社が自分に合っているのか、働いて楽しいと思えるのかどうか確認する場でもあるからね。特にWantedly(ウォンテッドリー)にはその会社のミッションとか想いが細かく書かれているから、しっかり準備をしておけば得られることは増えると思うよ!

板垣さん

葛西

確かに。自分が選ばれる側としてのマインドになりがちですけど、求職者側も合うか合わないか判断する機会ですもんね!では、企業側が求職者に聞きたいことは何ですか?

例えばその人がこの先どんな事をやっていきたいかとかかな!さっきも話したけど、マッチするかしないかはその会社が目指している将来とその人が目指している将来像が重要になってくるからね。だからなおさら、プロフィール欄の「この先やってみたいこと」をしっかり書くといいんじゃないかな。

板垣さん

葛西

プロフィールの質をあげることと企業の下調べ、これが大切になってくるんですね!

そうだね!

板垣さん

まとめ

今回は「話を聞きに行く」に当たって抑えておきたいこと、気になることをまとめました。Wantedly(ウォンテッドリー)はマッチングを重視しているだけあって、求人や企業ページに想いや理念などを詳しく書いています。話の質を上げるためには気になった企業を事前に調べてから話を聞きに行くといいですね!Wantedly(ウォンテッドリー)の特徴をうまく活用して、自分とマッチする企業を見つけましょう!

また、イチミ株式会社はWantedly(ウォンテッドリー)の運用代行を行っています!

Wantedlyを始めようと考えている企業の方や、運用の仕方で悩んでいるという方に朗報です!!

今ならWantedlyの注目ランキング1位を獲得したイチミ株式会社が期間限定で無料アドバイスをしています!

少しでも気になる方は、以下のリンクからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です