仕事探し中の方必見!ミスマッチが少ないと噂のWantedly(ウォンテッドリー)、求人の仕組みを解説してみた

「Wantedly、聞いたことはあるけど使ってみたことはない…」

「ほかのどんな求人媒体とも違うと聞いたけど、採用の流れってどんなの?」

こんな疑問を抱えていませんか?

Wantedlyは画期的なビジネスSNSとしてミスマッチが少ないことで有名。でも、それってなんで?という疑問を解消すべく、今回はイチミ株式会社取締役で、Wantedlyの運用代行ふくめ採用マーケティングを担当している板垣さんにWantedlyで仕事を探すときのポイントについて解説していただきます。

Wantedly(ウォンテッドリー)って何?というところから、採用ミスマッチが少ないワケまでをまとめてみました。

【板垣勇渡】(Twitter

株式会社LOGZで長期インターンを経てイチミ株式会社! 取締役へ。採用マーケティングを通してWantedlyの運用代行やコンサルティングをしている。
人事・就活生向けメディアも運用し、noteも執筆するなどその活動領域は多岐にわたる。

【堀家実悠希】Twitter

コロナの前から時代の最先端を走っていたイチミ史上初のオンラインインターン生。広島からジョインしている大学4年。人事・就活生向け記事の執筆や、インスタグラムアカウントの運用などを担当している。鼻が悪い。

 

Wantedlyを使うとどんなことが起こるの?

堀家

板垣さん、本日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします!

板垣さん

堀家

Wantedlyって、他のどんな採用媒体とも違うと聞くのですが…どんな特徴があるのですか?

いわゆるマイナビとかリクナビなどの採用媒体と違うところは、給与や福利厚生などの「条件面」よりも、「ビジョンに共感する」という点を大切にする「ビジョン型ビジネスSNS」であるということです。

板垣さん

堀家

と言いますと…?

普通の媒体で仕事を探すときって給料とかの定量的な情報ばかり流れてきますよね。

板垣さん

堀家

そうですね…条件面は細かく書かれてることが多いです。

一方でWantedlyは、ビジョンとか、その会社がどういう世界を目指しているのかというところを重視した求人を打ち出す形式なんです。だから、あえて福利厚生とか給料といった条件面の情報は書いていません。

板垣さん

堀家

条件面についてはあえて書いていないんですね!

そうです。そして、求職者の方と企業の顔合わせも特徴的です。普通は、エントリーしたら「まずは面接から」とか、「履歴書を持ってきてください」というところから始めますよね。

板垣さん

堀家

私も就職活動は大体そんな感じでした。それが普通じゃないんですか?

Wantedlyではそうではなくて、もっとカジュアルに、お互いを知るための面談から始めましょうというところから始めることが多いです。よりお互いのことを深く知ったうえで、マッチしそうだったら選考に進んでもらう、ということをしやすい媒体なんです。

板垣さん

堀家

なるほど!条件面よりも「自分らしく働けるか」「企業のビジョンに共感できるか」ということを重視する人が増えてきた今の時代にフィットしている採用媒体なんですね。

Wantedlyを使うメリットはこれ!

堀家

Wantedlyを使う具体的なメリットにはどのようなものがありますか?

メリットは大きく3つあります。一つ目は、ミスマッチが少ないということ。

板垣さん

堀家

それはどうしてですか?

一般的な採用媒体だと、履歴書や面接で志望理由を聞いたりすることから始まるので、一方的な選考になる場合が多いですよね。人事の人との面接だけ数回やって内定、という場合、会社の雰囲気やそこで働いている人達を深く知るのは難しい…それで、「思っていたような職場(仕事)と違った…」なんていうミスマッチも起きやすいんです。

板垣さん

堀家

確かに…働くうえで、一番大事なのって結局は条件とかよりも人とか雰囲気だって言いますもんね。

それに比べWantedlyは求職者と企業が対等です。求職者は、いいなと思った企業にエントリーする際に、「まずは話を聞きに行きたい」「ちょっとだけ興味があります」「今すぐ一緒に働きたい」の3つから自分の正直な気持ちに近いものを選んでスタンスを企業に伝えることができます。

板垣さん

応募するときの画面

企業に応募するときにはこのような選択肢が表示され、スタンスを選ぶことができる。

堀家

エントリーしたら即面接!ということをしなくていいんですね!

そうです。まずは気軽にお話してみませんか?どんなことを考えているのか、どんな価値観をもって働きたいのかをまずはお話ししましょう、というところから始められるので、入社後のミスマッチが起こりにくいですね。

板垣さん

堀家

企業は、自分たちのビジョンにこの人が合うんだろうか?という確認ができますし、お互いのことをきちんと知ったうえで選考を進めていくことができますね。企業と求職者の双方にとって大きなメリットがありそうです。

2つ目は、隠れた優良企業を探しやすいということです。一般的な採用媒体だと、中小企業から大手企業までが使っているので、創業して間もない、知名度の低いベンチャーが登録しても、埋もれてしまうことが多いんです。

板垣さん

堀家

確かに、そういうことって多いですよね…ふたを開けてみれば会社も仕事も働いている人も魅力的だった!ということが多々あるのに、求職者の方に見つけてもらえないんですね。とてももったいないと思います。

Wantedlyなら、様々なフィルターがあるうえに、各企業が自分たちの会社についてもっと知ってもらうためのストーリー(Wantedly内ではフィードと呼ばれる)記事を書いて打ち出している場合が多いので、魅力的なストーリーから企業を探し出すこともできます。

板垣さん

堀家

それがビジョン重視採用の強みですね!

3つ目は、自分のポートフォリオを充実させることができるということですね。学歴や職歴以外に、「このさきやってみたいこと」なんかも載せられます。

板垣さん

堀家

ワクワクしますね…!

皆さん、自分の想いを語ったり、ストーリー仕立てにしたりして自由にこのページを作っていますね。ちなみに、記入率が高ければ高いほど、企業からスカウトが来る可能性が高まります

板垣さん

堀家

スカウト機能まであるんですね!

プロフィール欄

これもほんの一部。これまでに作ってきた作品を載せたり、自分のスキルを細かく記載できるスペースもある

知っておくべき!Wantedlyの注意点2つとは?

堀家

Wantedlyを使う上で逆に注意すべき点は何かありますか?

大きく分けると、2つあります。
1つ目は、給与や勤務時間などの数字情報はこの媒体では受け取れないということです。

板垣さん

堀家

Wantedlyを見て、この企業いいな!と思ったら、他媒体で具体的な待遇等については調べなおす必要があるということですね。

そうですね。そういった雇用条件を第一優先で仕事を探している方にとっては、少々手間かもしれません。

板垣さん

2つ目は、先ほど紹介したプロフィールのページをきちんと埋める必要があるということですね。

板垣さん

堀家

確か、スカウトが来る確率が上がるんでしたよね。

それもありますし、気になる企業にアプローチするときにもプロフィール情報が企業に伝わるので、何にも書いていないと企業側が「どんな人なんだろう?」と思ってしまいますよね。

板垣さん

堀家

確かに…

全くプロフィールを埋めていない状態で企業にアプローチしても、そもそもマッチしているかどうかがわからないので、カジュアル面談に進めない=企業側からの返信が来ない、ということもあり得ます。

板垣さん

堀家

なるほど…めちゃめちゃもったいないことが起こるんですね。

ただ、Wantedlyを使うこと自体は無料ですし、使って損はしないので、まずはやってみるくらいの軽い気持ちで初めてみて大丈夫ですよ!

板垣さん

Wantedlyの有効活用で自分に「シンデレラフィット」する企業を見つけよう

堀家

ここまではWantedlyの基礎知識について伺ってきましたが、ここからはWantedly をより有効に使う方法についてお伺いしていきたいと思います!

何か仕事探しのコツってあるんですか?

コツはあります!「求人の検索の仕方」がカギです。

板垣さん

1.フィルターで絞り込む

ポイントは希望の条件をきちんと設定すること。職種・雇用形態・分野・地域・特徴で様々なフィルターをかけることができます。

板垣さん

堀家

特徴、って何ですか?

例えば、下の様なものがあります。

板垣さん

  • 海外進出している
  • 1億円以上の資金を調達済み
  • 社長が20代
  • 社長がプログラミングできる
  • オンライン面談OK
  • 留学生さん歓迎
  • 週末からのコミットでもOK
  • 友達と一緒に訪問OK
  • 学生さんも歓迎
  • ランチをご馳走します

堀家

おぉ~かなりユニークですね!

あとは「ミートアップ」といって、企業が開催しているイベントも探して気軽に申し込むことができます。

板垣さん

堀家

面白そう!どんなイベントがあるんですか?

例えば今だと「スタートアップについてオンラインで語る会」みたいなものが多く開催されていますね。

板垣さん

堀家

ゴリっと選考!説明会!ってわけではなくて、「みんな集まれ~自由にしゃべろうぜ!」みたいなノリがいいですね!笑

2.URLの最後に/companiesをつけると…

堀家

ほかに検索の裏技等はありますか?

URLの最後に/companiesをつけると、業界ごとの分類ができるようになります!

板垣さん

堀家

裏コマンド的な…

そうですね笑

板垣さん

/companiesをつけて、業種ごとに会社を探してみる

/companiesをつけて、業界ごとに会社を探してみる

堀家

業界ごとの分類が25分類もあって、かなり細かく出てきますね!

しかも、複数選択もできるので効率よく自分にフィットした企業を見つけることができますよ。

板垣さん

3.キーワード検索で運命の出会い

堀家

最後に、キーワード検索について教えてください!

これは、「ないだろうな」と思ってたキーワードが意外とヒットしたりするので、まずは自分の素直な希望をキーワードにのせてみることですね笑

板垣さん

堀家

意外とあるもんなんですね…

例えば働き方に関するキーワードはかなり拾ってくれます。

板垣さん

堀家

「リモート」とか「バックオフィス」とかってことですよね。

「フルリモート」でもこんなにヒット

あとは「社長直下」とか「ポテンシャル採用」なんかも熱いキーワードだと思います。

板垣さん

まとめ

堀家

本日は詳しいお話ありがとうございました!Wantedlyは、コツをつかめば自分のビジョンにマッチした企業と巡り合える可能性を秘めた採用ツールなんですね!

そうです。今の社会情勢にフィットしているし、今後どんどんWantedlyを使う求職者が増えていくのではないかなと思っています。

板垣さん

堀家

企業側も、どんどんWantedlyを使うところが増えていきそうですね!

Wantedlyの運用にはコツがいるので、もしも困ったなぁ、誰かに相談してみたい…というときは僕たちを頼ってほしいです!今なら期間限定で無料相談をやっています。以下のリンクからお気軽にご応募ください!

板垣さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です