スカウトオプションを使うメリットって何?その疑問お答えします

企業さんからしたら「新規事業の為に人を増やしたいけどエントリーが中々集まらない!」

「Wantedly(ウォンテッドリー)を使い始めてから会社のビジョンに合うような人材はそこそこ集まったけど、高いスキルを持つ技術職の採用ができていない…」

求職者からは「企業から直々にスカウトが貰えるなんて!企業の目に留まる為にはどんなコツがあるの?」など、

両者共に折角Wantedly(ウォンテッドリー)を使ってみたは良いものの

どうせならもっと効率的に採用に繋げたいというお悩みがあるのではないでしょうか。

今回はWantedly(ウォンテッドリー)運用を知り尽くしているといっても過言ではない株式会社イチミの板垣さんにお話しを伺いながら、より求人を円滑に進めるに有効なダイレクトスカウトについて説明していこうと思います!

【板垣勇渡】(画像左 Twitter

株式会社LOGZで長期インターンを経てイチミ株式会社! 取締役へ。採用マーケティングを通してWantedly(ウォンテッドリー)の運用代行やコンサルティングをしている。
人事・就活生向けメディアも運用し、noteも執筆するなどその活動領域は多岐にわたる。

【阿部璃音】(画像右 Twitter

2020年5月より完全オンライン面接を経てイチミ株式会社に長期インターンとしてジョインした大学3年生。

現在も地方にいながら人事・就活生に向けての記事作成やWantedly(ウォンテッドリー)の運用に携わっている。

最近ハマっていることは庭でテラスハウスを観ながら縄跳びをすること。

そもそもWantedly(ウォンテッドリー)って何?

阿部

今日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします!

板垣さん

阿部

では早速質問に入ります!すごい素人質問なんですけど…。そもそもWantedlyってなんですか?

Wantedly(ウォンテッドリー)っていうのはビジネス採用ツールの1つ!よくあるビジネス採用ツールって求人には給料や福利厚生の待遇が事細かに書かれているよね。でもWantedly(ウォンテッドリー)はそういった類のものは一切掲載されないんだよね。

板垣さん

阿部

じゃあ逆に一体何を掲載してるんですか?

Wantedly(ウォンテッドリー)で掲載をするのは会社のミッションや大切にしてる価値観。あとは仕事内容や実際に働いている人の記事を中心に書いているよ!そういったものを記載することで会社のビジョンに共感したユーザーからの応募に繋がって、会社の雰囲気とマッチした人の採用がしやすいんだよね。

板垣さん

阿部

そうなんですね!確かに求職する側からすれば会社の社風とか一緒に働く人の雰囲気が見れるのは、会社で働くことの想像がつきやすいから実際働く時の不安は減るかも。

スカウトオプションって?

スカウトオプションの基本的な内容

阿部

Wamtedlyが他の採用媒体と一味違うということは分かりました。では次に今回のキーワードでもあるスカウトオプションについて教えてください!

そうだね。スカウトオプションは正式には「ダイレクトスカウト」っていって名前の通り、企業側が特定の求職者に直接スカウトメッセージを送れる機能なんだ。でも詳しく話す前にベースプランの説明をするね!

というのも、企業側がWantedly(ウォンテッドリー)に自社を登録する段階で【ライト・ベーシック・プレミアム】の3つのプランのうち、1つ選択してから自社の登録に続くんだ。しかも前提として1回プランを決めてしまうと変更は不可能なんだよね。

板垣さん

 

 上の資料を見てわかるように、Wantedly(ウォンテッドリー)ではプランによって基本的に使えるオプションが変わってくる。初めからプレミアムプランを選べば付随してプレミアムスカウトや他の機能も使えるんだけど、逆にライトプランであればスカウト機能に関するオプションは無いんだ。

板垣さん

阿部

なるほど?じゃあWantedly(ウォンテッドリー)内で使用できるオプション機能の中の1つとしてスカウトがあるってことですよね。

そういうこと!例えば最初にライトプランを選んだけど、後から気になる求職者に対して「コンタクトを取りたい!」っていうときにスカウトオプションを使うことで特定の求職者に直接口説くことができるんだよ。

板垣さん

 

スカウトオプションのメリットとは

阿部

採用側が直接コンタクトを取れるんですね。実際求職者がスカウトを受けるか否かは置いといて、それは一時面接や二次面接など何度も面接を行って、時間をかけて淘汰するよりも合理的ですね。それも1つのメリットかと思いますが、他にもスカウトオプションを利用するメリットってありますか?

普段の応募だけでは獲得するのが難しいスキル重視の職種にリーチしやすくなることかな。エンジニアやデザイナー、プロジェクトマネージャーなどの技術職は求める企業が多い分、競争率も高くなるからね。

板垣さん

阿部

そうなんですね。エンジニアと言えば板垣さんも外国人エンジニアの採用に成功されてましたよね?あとでその方法もこっそり教えてください!

 

スカウトプランの違い

 

スカウトオプション 3つのプラン

阿部

俄然興味が出てきました!もっとスカウトオプションについて知りたいです!

 スカウトオプションには【ベーシック・プラス・プレミアム】の3つのプランがあるよ。プランによってアプローチできる対象ユーザー数などが違うんだ。

板垣さん

 

実際お得なのは?

阿部

スカウトオプションってことは比較的企業さんが使うものだとは思うんですが、率直に言ってどれが一番お得なんですか?

はっきり言ってどれがお得かって断言するのは難しいよね。各企業の採用に対して重要視してる部分も違うし。

板垣さん

 

プレミアムプランであれば、選択できる条件範囲が多いし、検索に引っかかる数も多いから即効性が高いとは言えるかもしれない。ただスカウト自体お金もかかっているから、月にどれだけ運用するかの頻度も十分に考えて各企業にあったプランを利用すべきだと思うよ!

板垣さん

 

 

企業からのスカウトを受けやすくするためには?

 

阿部

会社の採用状況によって考えてプランを決めた方がいいんですね!では逆に求職者の方が企業側のスカウトを受けるためのコツとかはあったりしますか?

やっぱり企業さんがスカウトをするのは採用したい職種であるとか条件に当てはまっている人であることがまずベースだよね。それを踏まえた上で話をするとすれば自分のプロフィールを充実させるのはマストだと思うよ!Wantedly(ウォンテッドリー)は経歴とか自分の思い、ポートフォリオも掲載できるから出来るだけ埋めるべし!

それ以外だとWantedly(ウォンテッドリー)内でアプリをよく見ていたり、ログイン回数が多いとアクティブユーザーとみなされて企業さん側がダイレクトスカウトする時に表示されやすくなるよ。だからこまめにWantedly(ウォンテッドリー)をチェックすることも大切だね。

板垣さん

阿部

なるほど。自分ももっとプロフィールを埋めつつ、こまめにチェックするようにしよう!

スカウトを送るときに気を付けた方が良いことは?

阿部

企業側が求職者に対してスカウトを送る際に気を付けたほうが良いことってあったりしますか?

 

基本的にはスカウトを送るのは難しいし、制限もあるからスカウトを送る相手は、会社が求めるペルソナ像に当てはまる人がいいよね。だからダイレクトスカウトをするときのペルソナ像はより具体的に設定しておくべきだと思う。

あとは採用担当が募集職業の専門知識を理解はしておくのが大事。意味が分からないとどれだけスキルを持っているかもいまいちわからないよね。だから一定の人に採用を丸投げするんじゃなくて色んな分野の人の意見を聞きながら採用の戦略を立てるのも必要要素の1つかな。

他だと企業からのスカウトする時にテンプレ文を送るのは危ないと思うな。スカウトを受ける人ってそれなりに他社からのスカウトを受けている可能性も高いからスカウトされることに慣れている傾向があるんだよね。そういった人に対してテンプレで送るのは求職者の心に響かない。全てテンプレで送らないのは時間がかかってしまうから非効率なのもわかるけどね。いかに会社のアイデンティティを出しつつ、興味を引くスカウト文を送るかが重要だと思う!

板垣さん

 

まとめ

スカウトでより採用率の高いマッチングをするための4か条
〇スカウトオプションは会社の採用状況にあったプランを選ぶべし!

〇スカウトをする前に会社が求める具体的なペルソナ像を設定すべし!

〇スカウトを送るときは自社の脱テンプレ&会社のオリジナリティを入れることで相手の興味を引くべし!

〇求職側ユーザーはとにかくプロフィールを充実させるべし!

そもそもWantedly(ウォンテッドリー)って?という方は…

今回紹介したWantedly(ウォンテッドリー)で、僕達は採用のサポートを行っています!具体的には、Wantedly(ウォンテッドリー)の運用代行、拡散支援、採用ブランディングなどなど。採用に関することなら何でもお任せください!

現在、期間限定で無料相談を受付中です。

低価格・ハイクオリティな人材採用をしたいという方はぜひ一度ご連絡ください!

板垣さん

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です