噂のWantedly、特徴から採用のコツまでこれを読めば完結!

「Wantedly、聞いたことはあるけど具体的な使い方がわからない…」

「ほかのどんな求人媒体とも違うと聞いたけど、採用の流れってどんなの?」

こんな疑問を抱えていませんか?

Wantedlyは画期的なビジネスSNSとして有名ですが、採用のポイントをきちんと押さえないと効果は半減…なんてことも。

今回はイチミ株式会社取締役で、Wantedlyの運用代行ふくめ採用マーケティングを担当している板垣さんにWantedlyでの採用を成功させる方法についてお伺いしました!

Wantedlyって何?というところから、採用のコツまでをまとめてみました。

【板垣勇渡】(画像右 Twitter

株式会社LOGZで長期インターンを経てイチミ株式会社! 取締役へ。採用マーケティングを通してWantedlyの運用代行やコンサルティングをしている。
人事・就活生向けメディアも運用し、noteも執筆するなどその活動領域は多岐にわたる。

【堀家実悠希】(画像左 Twitter

2019年11月よりイチミ株式会社に、史上初のオンラインインターン生として広島からジョインした大学4年生。人事・就活生向け記事の執筆や、インスタグラムアカウントの運用などを担当している。

 

Wantedlyを使うとどんなことが起こるの?

堀家

板垣さん、本日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします!

板垣さん

堀家

Wantedlyって、他のどんな採用媒体とも違うと聞くのですが…どんな特徴があるのですか?

いわゆるマイナビとかリクナビなどの採用媒体と違うところは、給与や福利厚生などの「条件面」よりも、「ビジョンに共感する」という点を大切にする「ビジョン型ビジネスSNS」であるということです。

板垣さん

堀家

と言いますと…?

普通の媒体だと、求職者の方々は給料とかの定量的な情報を重要視して職を選びますよね。

板垣さん

堀家

そうですね。

一方でWantedlyは、ビジョンとか、その会社がどういう世界を目指しているのかというところを重視した求人を打ち出す形式なんです。逆に、福利厚生とか給料といった条件面の情報は書けないんですね。

板垣さん

堀家

条件面について書けないんですね!

そうです。そして、求職者の方と企業の顔合わせも特徴的です。普通は、エントリーしたら「まずは面接から」とか、「履歴書を持ってきてください」というところから始めますよね。

板垣さん

堀家

それが普通じゃないんですか?

Wantedlyではそうではなくて、もっとカジュアルに、お互いを知るための面談から始めましょうというところから始めることが多いです。より、お互いのことを深く知ったうえで、マッチしそうだったら選考に進んでもらう、ということをしやすい媒体なんです。

板垣さん

堀家

なるほど!条件面よりも「自分らしく働けるか」「企業のビジョンに共感できるか」ということを重視する人が増えてきた今の時代にフィットしている採用媒体なんですね。

Wantedlyを使うメリットはこれ!

堀家

Wantedlyを使う具体的なメリットにはどのようなものがありますか?

メリットは大きく3つあります。一つ目は、ミスマッチが少ないということです

板垣さん

堀家

それはどうしてですか?

一般的な採用媒体だと、履歴書や面接で志望理由を聞いたりすることから始まるので、一方的な選考になる場合が多いですよね。そういった場合、求職者の方も、会社の雰囲気やそこで働いている人に魅力を感じているというよりは条件面重視で来てくださることがある。だから長期的にみると「思っていたような職場(仕事)と違った…」なんていうミスマッチも起きやすいんです。

板垣さん

堀家

確かに…

それに比べWantedlyは求職者と企業が対等です。求職者は、いいなと思った企業にエントリーする際に、「まずは話を聞いてみたい」「少しだけ興味があります」「今すぐ一緒に働きたい」の3つから自分の正直な気持ちに近いものを選んでスタンスを企業に伝えることができます。

板垣さん

応募するときの画面

企業に応募するときにはこのような選択肢が表示され、スタンスを選ぶことができる。

堀家

エントリーしたら即面接!ということをしなくていいんですね!

そうです。まずは気軽にお話してみませんか?どんなことを考えているのか、どんな価値観をもって働きたいのかをまずはお話ししましょう、というところから始められるので、入社後のミスマッチが起こりにくいですね。

板垣さん

堀家

企業は、自分たちのビジョンにこの人が合うんだろうか?という確認ができますし、お互いのことをきちんと知ったうえで選考を進めていくことができますね。企業と求職者の双方にとって大きなメリットがありそうです。

2つ目は、ベンチャー企業でも採用につながりやすいということです。一般的な採用媒体だと、中小企業から大手企業までが使っているので、創業して間もない、知名度の低いベンチャーが登録しても、埋もれてしまうことが多いんです。

板垣さん

堀家

確かに、そういうことって多いですよね…ふたを開けてみれば会社も仕事も働いている人も魅力的だった!ということが多々あるのに、求職者の方に見つけてもらえないんですね。とてももったいないと思います。

Wantedlyなら、定期的に求人を出したり、求職者に刺さる内容の記事を書けば、ベンチャーでもビジョンに共感してくれる求職者がきちんと現れます。

板垣さん

堀家

それがビジョン重視採用の強みですね!

3つ目は、採用にかかるお金を安く抑えられるというところです。Wantedlyの利用は月4.5万円から始められます。この値段で基本的な機能がきちんと使えるので、安い値段でも採用することが十分にできます。また、一般的な媒体と異なり、採用の成功報酬がないため、採用すればするほど採用単価が下がっていきます。「月4.5万円で採用し放題!」ということですね。

板垣さん

知っておくべき!Wantedlyの注意点3つとは?

堀家

聞いていくとWantedlyを使うのはメリットしかないように聞こえるのですが、逆に注意すべき点は何かありますか?

大きく分けると、3つあります。
1つ目は、定期的な運用が必要だということです。例えば、求人募集を1か月に1本とか出しても、全然見てもらえません。Wantedlyのアルゴリズム的に、定期的にページを動かしていないと、検索したときやトップページ等で上位に挙がってきにくく、見つけてもらいにくくなってしまうのです。

板垣さん

堀家

それはもったいないですね…!

2つ目は、人事の方が一人きりで運用のすべてを行っていくことは難しいということです。

板垣さん

堀家

具体的にどうやって運用していくんですか?

Wantedlyでの採用を成功させるためには、いろいろな人を巻き込んで、SNSで拡散することが重要なポイントになります。

板垣さん

堀家

なるほど…?

募集を出したり、記事を書いたりするたびにそれを社内・社外で拡散してもらうことで、何倍もの多くの人の目に留まるようになります。

板垣さん

堀家

そうですね!

加えて、SNSでたくさん拡散されると記事の注目度があがり、検索したときに上の方に出てきたり、おすすめの求人としてトップページに掲示されたりする可能性が高くなるんです。なので、求人を届けるうえで拡散の協力をしてもらう必要があり、人を巻き込めるかどうかが重要ポイントになりますね。

板垣さん

堀家

そういうことなんですか!だからチーム戦になるわけですね!

3つ目は、先ほどお話ししたように福利厚生や給料を載せることができないということです。なので、条件面で魅力付けをしている企業にとっては不利になるかもしれませんね。

板垣さん

Wantedly、採用までの具体的な流れとは?

堀家

Wantedlyについて、少し詳しくなれた気がします!でも、具体的な採用の流れってどんな感じなんですか?

求職者の方が求人を見つけるところから始まるのですが、その流入経路はいくつかあります。

1つ目は、Wantedlyのサイトやアプリから検索して、求人を見つけ、クリックする場合。

2つ目は、Twitter等のSNSから流入。

3つ目は、Wantedlyをみて、会社の問い合わせフォームに飛ぶ場合。

ここから求職者の方が企業にアクションを起こします。

板垣さん

堀家

企業側はそれに対してどう対応するんですか?

企業側には、求職者の方から「まずは話を聞いてみたい」「少しだけ興味があります」「今すぐ一緒に働きたい」といったメッセージが届くので、それに対して返信。そしてカジュアル面談をセッティングし、そこでお互いの価値観を話しあって、マッチングしそうだったら選考へ!というながれです。

板垣さん

Wantedlyここだけ抑えて!採用ハック

堀家

ここまではWantedlyの基礎知識について伺ってきましたが、ここからはWantedly をより有効に使う方法についてお伺いしていきたいと思います!

何か採用のコツってあるんですか?

コツはあります!求人テンプレートは「タイトル」「職種」「画像」「こんなことやります」の4つの要素からできているので、そのうち特に重要な「タイトル」「画像」「こんなことやります」の部分について解説しますね。

板垣さん

1.タイトルのつけ方で差がつく!

堀家

まず、タイトルについて教えてください!

ポイントは文字数制限37文字の中に「心をつかむ一文目」「仕事をイメージしてもらうニ文目」をいれること!たとえば、心をつかむ一文にも何種類かあります。主には、読んだ人にワクワクしてもらうような「ポジティブ」な文と、読んだ人の課題感を抉り出しドキッとさせる「ネガティブ」な文です。

板垣さん

堀家

ポジティブ・ネガティブな文ですか?

例えば、

・ポジティブ…「もっと成長したい人注目!」「100万人をワクワクさせる仕事」「自分らしくクリエイティブに働きたい!」

・ネガティブ…「変化の激しい社会、生き残っていけるのか?」「マーケの技術がなきゃ、これからの社会はサバイブできない!」「ガクチカがない…でもほかの学生に差をつけたい!」

とかですね!

板垣さん

堀家

確かに!そんな風に言われると気になりますね…

あとはトレンドも重要な要素です。今の情勢ですと「コロナ」というキーワードがのってる求人はよく見られている印象がありますね。たとえば「コロナに負けない働き方!」という煽り文句だと、やはり注目度が高くなったりします。

板垣さん

堀家

社会のニーズを組むんですね!

2.画像に一工夫で差がつく!

堀家

次に、一番目を引くポイント、【画像】について教えてください!

ポイントは3つです。1つ目、人が写っている写真だと、人間の心理的に目を引きやすくなります。

板垣さん

堀家

人が写っているちゃんとした写真だったらだいたいどんなものでもいいんですか?

いや、注意点はいくつかあります。例えばガチっとスーツで男性しか映ってない写真だと、女性の方が募集しにくくなったり…ターゲットに合わせて写真を変える必要があります。ほかに、例えばデザイナー募集であれば、人が写っていなくても、プロダクトの写真等を使ってもいいですね。

板垣さん

堀家

うわぁ、なるほど…

2つ目は、フリー素材をそのまま使わないことです。

板垣さん

堀家

えっ、フリー写真って綺麗だし、汎用性が高いですよね…なぜダメなんですか?

綺麗な写真というか、プロっぽすぎてなんとなくうさん臭さが出ちゃうんですよね笑 それに、SNSが主流になった今、人々の写真への感度はあがっていると思ってて…だから、フリー写真は見破られてしまうかもしれません。それで「手を抜いてるな?」と思われたらもったいないですから笑

板垣さん

フリー写真

仕事内容があまりイメージできない、フリー写真とわかる画像

 

堀家

なるほど!逆に綺麗すぎちゃうんですね!笑

ただ、フリー素材すべてがダメというわけではないですよ!フリー素材を使う場合はちょっと工夫が必要で、画像の加工は必須です(会社のロゴを入れたり、色を調整したり…)!

板垣さん

3つ目は、画像と募集職種をマッチさせることです。例えば、パソコンを触っている人の写真が上がっているのに、募集職種は営業…とかだとミスマッチですよね。求職者に、働く自分をイメージしてもらうことが採用につながるので、アイキャッチとして使う画像は募集職種とマッチしたものにしましょう!

板垣さん

画像 よい例

例えば画像に文字を入れるだけで、それっぽく。

堀家

例えば、どんな感じでしょうか?

セールスだったら人と会話している場面の写真を使ったりインターン生募集だったら、大学生の写真を使ったり…

 あとはプラスアルファの話ですが、様々な職種の募集の投稿をしていくなかでも画像の雰囲気に統一感が出せるとなおよいですね。

板垣さん

3.「こんなことやります」に一工夫で差がつく!

堀家

最後に、「こんなことやります」の部分について教えてください!

これは、最初の108文字が重要なんです。

板垣さん

堀家

えっ、なんでですか?

実際の募集画面

最初の108文字までは、ページに飛ばなくても表示される仕組み。

こちらを見ていただければわかるのですが、最初の108文字までは募集記事を開かなくても読める部分に掲載されるからです。なので、ここで自分たちの事業の魅力を最大限に伝えることを意識しましょう。

堀家

その部分で目を止めてもらえれば、クリックしてもらいやすくなるということですね!

そういうことです。加えて、ただクリックしてもらうだけでなく実際に応募してもらいやすくするためにはどんなことができると思いますか?

板垣さん

堀家

うーん…どんな仕事をするのか、わかりやすく書くことですか?

それもありますが、一番重要なのは、応募のハードルを下げることです。求職者の不安なところを払しょくするような言葉を書くとよいですね。「経験がなくても大丈夫」とか…募集への最後の一押しをすることが重要です。

板垣さん

堀家

求職者の「応募しない理由」を一つなくしてしまうということですね!

まとめ

これまでお話してきた3つのコツを基に、架空の企業を想定して惜しい!求人とイケてる!求人を作ってみましたので、比較してみてください。

板垣さん

【モデル企業】スタートアップ IT企業 20人規模 デザイナー募集

 

未経験でも大丈夫
インターン・中途・新卒対象

 

〇アピールポイント
・多様な働き方
・裁量権
・成長環境
・共に働くメンバーを大事にするビジョナリーカンパニーである
・360度評価
・勉強会あり

〇惜しい〇
今回は、デザイナーを募集します!
以下の条件に合う人は是非、応募をお願いします!必須条件
・デザイナーとしての実務経験
・成長したい気持ちがある
・Illustrator/Photoshopnの使用経験
歓迎条件
・HTML/CSS/javaScriptの実装経験
・イラストの執筆
・ マネジメント経験定期的にデザイナーの勉強会も開催しているので、勉強をしたいという方も是非、応募してくださいね!
〇イケてる〇
「未経験だけどデザイナーをしてみたい!」
「一緒に働く人を大切にしたい!」
「自由に働きたい!」
このように思う人いませんか?現在、︎◯◯◯では、一緒に〜な世界を目指してくれる、デザイナーを募集しています!
具体的には、▲▲▲に関わるデザイン業務全般を担当してもらいます!これに一つでも当てはまる人は◯◯◯向き!
  • デザイナーとしての実力をつけたい人
  • 気の合う仲間と働きたい人
  • デザインが好きな人
  • 裁量権のある職場で働きたい人
定期的にデザイナー向けの勉強会も開催しているので、未経験の方も安心して応募してください!皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

堀家

なるほど、全然違いますね…!

本日は詳しいお話ありがとうございました!Wantedlyは、コツをつかめば条件や知名度に関係なく、会社のビジョンにマッチした人材と巡り合える可能性を秘めた採用ツールなんですね!

そうです。今の社会情勢にフィットしているし、今後どんどんWantedlyを使う求職者が増えていくのではないかなと思っています。

板垣さん

堀家

最後に、この記事を読んでも、Wantedlyの運用で迷うことがある場合ってどうすればいいんでしょうか…?

そういった場合は、私達イチミ株式会社が現在期間限定で無料相談を行っていますので、お気軽にご相談ください。Wantedlyの導入から、記事を出すところ、来たエントリーに対してどのように対応すればいいかということのサポートだけでなく、採用マーケティングに関することであればプラスアルファのサポートも行っています。

板垣さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です