成功する求人募集方法とは?人材業界大手勤務のYouTuberに聞いてみた!

「求人募集を出しているのに、なかなか応募が来ない」

「どんな求人媒体を使えばいいのかわからない」

こんなお悩みを抱えていませんか?求人の方法を間違えていると、いつかは欲しいターゲットがとれるだろうと思っていたのに「応募すら来なかった…」なんてことになりかねません。

今回は人材業界大手に勤務し、就活生や転職者に向けたYouTubeチャンネルの登録者数は3,7000人を超える(2020年5月現在)、エルトさんに求人募集を成功させる方法についてお伺いしました!

求人がうまくいかないパターン別や方法別でご紹介いたします!

エルトさん(画像左 Twitter

2017年、人材業界大手に入社。採用コンサルタントとして主に中小企業を担当。2019年に採用コンサルタントから個人の志向性を調査する部署へ異動。

YouTubeチャンネル『エルトの就活/転職チャンネル』はチャンネル登録者数3,7000人、総再生数は5,000,000回を超える(2020年5月時点)。

【佐藤奈摘】(画像右 Twitter

メディアPuente代表。2020年1月よりLOGZGROUP株式会社に21卒長期インターン生としてジョイン。

求人を出しても応募が来ない!その原因と解決方法は?

佐藤

エルトさん、本日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします!

エルトさん

佐藤

まず、求人がうまくいかない3パターンの原因と対策をお伺いしたいです!さっそくですが「求人を出しても応募が来ない」その原因ってどこにありますか?

原因はターゲットの生態(ペルソナ)が把握できていないことと条件の2つですね。

エルトさん

佐藤

と言いますと…?

例えば茨城の工場で求人を出すとして、どんな人が応募してくれるか考えたら「茨城にずっと住んでるマイルドヤンキーみたいな人」だったとします。マイルドヤンキーに応募して欲しいのに、人材紹介のエージェントを使っても、そもそもマイルドヤンキーはエージェントに登録してないので応募が来ないですよね。

エルトさん

佐藤

めちゃめちゃわかりやすいです(笑)

「マイルドヤンキーはどこに生息していて、どんな生活しているのか」を考えると多分、TikTokやTwitter、LINEはやっているけどリクナビやマイナビ、デューダは見ないんですよね。
言い方は悪いけど、「コンビニの前でたむろしたりTikTokをとってるんじゃないか」となると、コンビニに求人があったり、TikTokに広告を流す方が応募が来ますよね

エルトさん

佐藤

ターゲットの生態を把握すると、応募が来る求人方法がわかってくるんですね!

そうです!
2個めは条件です。佐藤さんは「月に4日しか休めなくて、年収250万」という求人があったら応募しますか?

エルトさん

佐藤

しないですね(笑)

ですよね。僕も多分応募しません。そもそも「詳細なんてみねーし」という感じで応募しないと思うんですね。

エルトさん

佐藤

「条件をよくしたくてもできない、でも求人は成功させたい」というときはどうしたらいいんですか?

ぶっちゃけ条件はどうしようもないですよね。だからここはターゲットの生態を知ることに繋がるのですが、「この会社に来たら得する人は誰なのか」を考えるのがいいですね。

エルトさん

佐藤

月に4日しか休めなくて、年収250万で得をする人…?

例えば、月2日しか休めていない人にとっては月に4日休めるのはいい会社です。
それから、大企業に勤めていて出世できない人は「100万円年収は落ちるけど、課長として入社しませんか?」と言われたら、興味ある人はいますよね。

エルトさん

佐藤

たしかに、出世できるのであれば年収が落ちても「入社したい」と思いますね!

スカウトメールを送っても返信が来ない!その原因と解決方法は?

佐藤

応募を待つだけでなく、企業からスカウトメールを送る場合もあると思います。「スカウトメールを送ったけどなかなか返信が来ない」とき、その原因はどこにありますか?

大きく分けると、原因は件名と本文です。
そもそもメールを開けてくれていないとしたら件名が、メールは開けているけど応募がないなら本文がイケてないはずですよね。

エルトさん

佐藤

イケてるスカウトメール…?

登録している人たちは「自分が本当に欲しいと思われているか?」を見ています。なので言い方は悪いですが、ただの採用担当者から「あなたが欲しい」と言われるより、直属の上司になる人から「俺の部下になってくれる人を募集しています」とメールが来る方がうれしいですよね。

エルトさん

佐藤

そんなメールが来たら、話を聞きたくなります!

上司になるのはこういう人なんだ、こういう理由で私のことが欲しいんだ」とわかれば、「とりあえず話だけは聞いてみようかな」となると思いますよ。

エルトさん

応募はあるが、欲しいターゲットにマッチしない!その原因と解決方法は?

佐藤

最後に、応募は来るけど欲しいターゲットじゃない…」など、採用に繋がらない原因はどこにありますか?

結局はターゲットの生態に合った媒体や書き方を使えていないってとこですね。

エルトさん

佐藤

ターゲットの生態を把握することが重要なんですね。

実は「未経験が欲しい」が1番難しいんですよね。未経験でも、欲しいターゲットの性格が「まじめでコツコツやれる人」なら、硬い文章で事細かに「あなたのやることはここからここまでです!」と書いてある求人がいいんですよ。

エルトさん

佐藤

なるほど!求人の書き方でターゲットを絞れるんですね!

逆にターゲットがマイルドヤンキーであれば
・年間〇日休み!
・〇〇万円もらえます!
・寮もあります!
と、メリットが最初に箇条書きで書いてある求人のほうがいいです。同じ条件だったとしても、書き方ひとつ変えるだけで、欲しいターゲットとマッチしてくると思いますよ!

エルトさん

 

求人募集方法4つのアイデア

佐藤

そもそも、求人の募集方法ってなにがあるんですか?

大きく分けると広告、人材紹介、イベント、ダイレクトリクルーティングの4つです。

エルトさん

佐藤

それぞれの特徴やメリット・デメリットを教えてください!

広告のメリットとデメリット

佐藤

まず、広告について教えてください!

広告にはタウンワークのような紙の広告と、Webの広告があります。最近だとInstagramなどにも広告を付けることができますね。

エルトさん

佐藤

広告のメリットはなんですか?

サイズにもよりますが紙の広告は安く、Webの広告はメジャーな求人方法なので、いろいろな人に見てもらえるのがメリットです
地方では、タウンワークや電柱に貼ってある広告を見て応募する方も多いので、紙の広告も効果があります。

エルトさん

佐藤

デメリットはありますか?

完全に受け身なのがデメリットです。先にお金を払うので、求人がなくてもお金がかかってしまいます。
それから紙の広告は1度刷ると、求人条件が変わったり間違えてしまっても変えられませんし、認知もされにくいです。

エルトさん

佐藤

広告はアルバイトの求人で活用されることが多い気がします。

そうですね!
アルバイトって簡単に辞めるしバックレますよね。なので会社としては、1人あたりにかける採用のお金は下げたいし、長い期間求人を載せて多くの人をとりたいです。なのでアルバイトの求人は、広告がいいと思います。

エルトさん

 

広告
コスト 攻め/待ち マッチ 強み/弱み
待ち メジャー

人材紹介のメリットとデメリット

佐藤

次に人材紹介について教えてください!

人材紹介には、ターゲットに合う人材を紹介してくれるエージェントや、社員の紹介のリファラルなどがあります。

エルトさん

佐藤

人材紹介のメリットはなんですか?

基本的には成果報酬で、入社いただいたらお金を払います。なのでリスクが低いのがメリットです。それから、会社に合う人だけを推薦してきてくれるので、お祈りメールを送る地味な手間が省けます。

エルトさん

佐藤

デメリットはありますか?

高いです。エージェントだと広告の2~3倍の金額がかかることもあります。
それに対してリファラルは基本無料です。でも「営業が欲しいから、知り合いの営業を引っ張て来て」と言われても、別に社員に得はないのでやらないんですよね。施策が浸透しにくいのもデメリットですね。

エルトさん

佐藤

リファラルは無料だけど施策が浸透しにくいんですね…。リファラルがおすすめの業種はありますか?

美容師におすすめです。
お店にもよりますが、美容師はお店に雇われているわけではなく、業務委託で転々としている方が多いです。なので美容師の求人では、美容師のコミュニティを活かすリファラルや、美容師の専門学校をまわるのがおすすめです。

エルトさん

佐藤

なるほど!たまに「美容学生限定で全メニュー無料」をしている美容院があるのも採用の為だったんですね…!

人材紹介
コスト 攻め/待ち マッチ 強み/弱み
(攻め) 成果報酬

イベントのメリットとデメリット

佐藤

続いてイベントについて教えてください!

イベントには、合同説明会や転職フェアなどがあります。

エルトさん

佐藤

イベントのメリットはなんですか?

その場に人がいるので、能動的に仕掛けられるのがメリットです。直接会えるので例えば飲食など、コミュニケーションが特に密な業種にもおすすめです。それから転職だと例えば営業経験のある人だけ集めたイベントなど、欲しいターゲットに繋がりやすいのもポイントです。

エルトさん

佐藤

デメリットはありますか?

天候に左右されますね。お金を先に払うので、台風や大雪が来てしまうとどうしようもないです。それにイベントの多くは朝から夜まであるので、1日声をかけ続けたり、説明し続けたり、面談し続けるのも大変ですよね。

エルトさん

 

イベント
コスト 攻め/待ち マッチ 強み/弱み
攻め 天候に左右される

ダイレクトリクルーティングのメリットとデメリット

佐藤

最後に、ダイレクトリクルーティングについて教えてください!

ダイレクトリクルーティングは、オファーボックスやキミスカ、Wantedlyなど、企業からスカウトをかけるオファーサイト(アプリ)です。

エルトさん

佐藤

ダイレクトリクルーティングのメリットはなんですか?

欲しいターゲットに対して能動的に動けます。
例えばOfferBoxだと、登録している人のデータを全部もらい、欲しい条件でそのデータに検索をかけることで欲しいターゲットを見つけることができます。

エルトさん

佐藤

デメリットはありますか?

1人1人にメールを打たなくてはいけないので手間がかかるのがデメリットです。
みんなバカじゃないので適当に打ったスカウト文のばら撒きはバレます。その人の情報を見て、「こういう理由であなたが欲しい」と丁寧に書かないとダメなので、手間だと思いますね。

エルトさん

 

ダイレクトリクルーティング
コスト 攻め/待ち マッチ 強み/弱み
攻め 手間がかかる

 

エルトさんおすすめ!これからくる求人方法

佐藤

たくさん求人方法を紹介してくださいましたが、エルトさんイチ押しの求人方法はありますか?

全部好きなんだけどなー(笑)。でも今後はダイレクトリクルーティングになると思います。

エルトさん

佐藤

確かに最近はやっていますが…なぜでしょう?

これから労働人口がどんどん減っていくので「人欲しいけど、いねーじゃん!」となってくるんです。
そうなると会社は、採用する前に社内で生産性を上げてなんとかしようとします。「こいつはこれが得意」とパズルのようにはめていくと、「このポジションでこういうことできるやつが足りない!」とパズルの1ピースが足りない現象が起きてきます。つまり、欲しい人が明確になってくるんです。

エルトさん

佐藤

なるほど!

ピンポイントで欲しい人がいるなら、ダイレクトリクルーティングが1番やりやすいですよね。
それに売り手市場が加速して採用が難しくなら、自社を選んでもらうための理由を1対1で送った方が響きやすいので、ダイレクトリクルーティングがいいと思います。

エルトさん

佐藤

ダイレクトリクルーティングができるツールはOfferBoxやWantedly、キミスカなどたくさんありますが、なかでもおすすめのツールはありますか?

新卒採用はOfferBoxですね。
新卒採用はポテンシャルで人をとっていくので、いろいろな人を比較検討します。新卒で登録されている人数が10万人以上で1番多いので、OfferBoxがいいと思います。

エルトさん

佐藤

たしかに、わたしも就活を始めた時にまずOfferBoxに登録しました。
転職でおすすめのツールはありますか?

転職でハイレイヤーを狙うならビズリーチ、比較的オールラウンドにとりたいのならデューダリクルーティングがいいと思います。

エルトさん

佐藤

どうしてビズリーチとデューダリクルーティングがおすすめなんですか?

ビズリーチは登録者の平均年収が840万で、経営層や管理職が多いんですよ。そういうポジションを狙うのなら、ビズリーチがおすすめです。
デューダは元が転職情報誌なのでいろいろな人がオールラウンダーに登録されています。幅広い人がいるので、ピンポイントで欲しい人がいるならデューダがおすすめです。

エルトさん

 

求人を成功させるための効果的なアイデア

佐藤

最後に、これまでのまとめにもなると思いますが、求人を成功させるためのアイデアを教えていただきたいです!

ターゲット設定をして、ターゲットの生態を知るのがめちゃめちゃ大事というのがまず1個です。これまで話してきたように、それが使うべき求人媒体などの手法を分け、効果を分けます。

エルトさん

ターゲットの生態を知る意外な方法はおっしーさんが教えてくれています!

もう1個は、とにかくリアルを伝えることですね。
例えば転職した人が転職する前に知っておきたかったことの1つに、「自分の直属の上司がどんな人か知っておきたかった」があります。入社後のギャップを無くすためにも、マイナスなことも隠さず、自分の半径5メートルの日々のリアルが伝わることを書くのがいいと思います。

エルトさん

佐藤

「実際に一緒に働く人を知りたい」というのは新卒でも言えるので、リアルを伝えると求人が成功しそうですね!
エルトさん本日は本当にありがとうございました!

はい!ありがとうございました!

エルトさん

まとめ

今回は求人募集を成功させるための方法を、求人がうまくいかないパターン別でエルトさんにお伺いしました。

求人がうまくいかない原因や解決策は思い浮かんだでしょうか?

また「就活生が何を考えてるのかわからない」という方は、エルトさんのYouTubeチャンネル『エルトの就活/転職チャンネル』の動画やコメント欄を見ると、就活生のリアルな疑問や求めていることがわかります!ぜひ見てみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です