Wantedly(ウォンテッドリー)運用のプロに聞いてみた。エントリーを倍にする運用方法。

どうも、イチミWantedly塾、塾生第一号の顔がかっこいい岸田です。

みなさん、Wantedlyって使っていますか?
Wantedly、上手に使うとコスト抑えながら採用ができるようになるそうなんです

でも、使い方なんてわかりませんよね?

大丈夫です。Wantedly運用のプロ、僕の師匠達に、すぐに使えるノウハウを聞いてきました。

では、早速いきますか!

【杉浦日向子】(Twiter
イチミ株式会社 代表取締役。2018年11月に株式会社LOGZに長期インターン生としてジョイン。2019年11月にLOGZGROUP株式会社の子会社として、イケてる若手の採用に特化したイチミ株式会社を創業。代表取締役に就く。採用コンサルや長期インターンの設計、wantedlyの運用代行などを行う。

【板垣勇渡】(Twitter
イチミ株式会社 取締役。2018年8月より株式会社LOGZの長期インターン生としてジョイン。
採用コンサルや長期インターンの設計、採用媒体の運用代行を行う。その中Wantedlyの運用代行にて、インターン生や新卒学生、中途人材だけでなく、外国人のエンジニアの採用にも成功。

そもそも師匠達はどのくらい凄いの?

岸田

すみません、師匠。師匠達って本当にWantedlyの運用上手いんですか?

お…!挑戦的な質問だね!笑

板垣

間違いなく上手いよ。これは自信を持って言える。
実績をいくつか紹介すると、大阪の八百屋さんを運用して、ランキング1位を獲得したり、たった4ヶ月間、わずか1求人からだけで、280エントリーを獲得したり、あげるとキリがない!笑 今度実績をまとめて話すね!

杉浦

岸田

やっぱり、師匠達すごい…。今回は、すぐ使えるような運用のノウハウを教えて欲しいです!

わかったよ!じゃあ、今回はエントリーを増やすためにはどうしたら良いかを伝授するね!

杉浦

公開後は全力で「応援」

岸田

早速、一つ目の技を伝授してください!

一つ目はとても簡単!募集を公開したら、社員全員、全力で応援すること社内一致団結で「応援」するのです。

板垣

岸田

ごめんなさい。師匠。「応援」って何ですか?

応援っていうのは、Wanteldyでいう、拡散のこと!それぞれの募集にある「応援する」ボタンを押すと、Twitter・Facebookを通して拡散ができるよ!

杉浦

岸田

なるほど。でも応援したら何がいいんですか?

それは良いことが二つあって、一つ目が拡散されるから、SNSから流入してくれる人が増えるっていうこと。二つ目は、応援が多い募集は、タイムラインでの掲載が上位に上がりやすくなるから多くの人にリーチしやすくなるってことだよ。

杉浦

岸田

とにかくいっぱい応援してもらって、多くの人にみてもらうことがWantedlyのコツ!これをまず肝に銘じます!

募集は毎週末

岸田

次のコツ、教えてください!

次は求人を投稿すると良い曜日を教えるね。

板垣

岸田

曜日?曜日によって違いがあるんですか?

そりゃもちろんあるよ。
ズバリ募集は、週に1回、木曜日か金曜日の夕方に出すべし!

板垣

岸田

何故ですか?

求職者は、特に中途採用の方は転職先を探している人が多いため、週末の夕方にサイトを見ることが多いからだよ。木曜・金曜に募集を検索順位上位にあげておくことによって、多くのエントリーを獲得することができるんだ。

杉浦

岸田

なるほど…。掲載する曜日もこだわるんですね。勉強になります!

社員紹介記事でミスマッチを防ぐ


次に重要なのは、フィードをきちんと活用するってこと!

杉浦

岸田

フィード…?またわからない言葉が出てきました…。教えてください!

フィードっていうのは、Wantedly内にある、ブログ機能のことだよ!

杉浦

岸田

どのくらい出せば良いのですか?結構記事を書くのは大変だと思うのですが…。

そうだね、最低月に1本は掲載したいね。フィードで出すのでおすすめなのが、社員インタビュー!どんな人が働いているのかを詳しく見せて、共感を煽ることによって、候補者の不安をなくすことができるからね。掲載している求人の職種の社員にインタビューするとより効果的だよ!

板垣

岸田

インタビュー全くしたことないんだけどコツってありますか?

もちろんあるよ!コツをまとめたから見てみてね。

杉浦

【インタビューのコツ】

・その人ならではのエピソードを引き出す

・真面目すぎず、面白いエピソード、熱い話を盛り込む

・写真は最低3枚以上。旅行や飲み会風景の写真も入れることでパーソナリティーをイメージしやすくなります

社員のWantedlyスコアは40以上

次に大切にして欲しいのはWantedlyスコア!

板垣

岸田

Wantedlyスコア?スコアなんてあるんですか?

あるよ!個人プロフィールを見てごらん!スコアが表示されているはずだよ。

杉浦

岸田

ほんとだ!ありました!僕のスコア9でした!これってどうですか?

とても低いね…。そもそもWantedlyスコアっていうのは、公開プロフィールの充実度を測るもの何だけど、スコアは40を超えることを目指してプロフィールを記入するといいよ!

板垣

岸田

ちなみに師匠のスコアはどのくらいですか?

122だよ!

板垣

岸田

そんなに差があるんですね…。結局、スコアをあげることって何が良いんですか?

そうだね、これは社員インタビューを行うことと同じ理由なんだけど、個人プロフィールを充実させることは、一緒に働く社員を可視化することに繋がるんだ。もし新しい職場で働くってなったとして、どういう人と自分は一緒に働くのかってとても気になるポイントじゃない?

杉浦

岸田

すごく気になるポイントです!40という数値は何故その数値なんですか?

Wantedlyスコアが40というのは、学歴・職歴・自己紹介欄・画像設定の基本的な情報が埋まっている状態なのね。だから40を超えるように埋めると自然と基本的なプロフィールが埋まった状態を作れるっていうわけ!だから、多くの社員を登録し、全員のWantedlyスコアを40以上にすることを目標とすることをオススメするよ。

板垣

あとプロフィール関連で重要なのが、写真!
写真を選ぶときのポイントはこれ!

杉浦

【プロフィール写真のポイント】

・1人で写っている

・柔らかい笑顔

・過度な加工がされていない

いわゆる「ベンチャー社員!!!」というかっこいい画像が理想だね!

杉浦

岸田

多くの人を巻き込むのって大変じゃないですか?

間違いなく、大変だね。

杉浦

岸田

ですよね…。どうしたら良いんですか?

そんな時は、ぜひ「スキル・特徴」欄を活用してみよう!
「スキル・特徴」欄には、その人が持ってるスキルや特徴に対し、投票することができるんだけど、スキル・特徴はカスタマイズすることができるから、お互いに投票し合って社内交流の話題にするのがおすすめ!

板垣

候補者とのやりとりはフランクに

岸田

Wantedlyってエントリーしてきた人とはどうやってやり取りをするんですか?

エントリーしてきた候補者とは、Wantedly内でチャット形式でやりとりをするよ!
他の採用媒体では、メール形式が多い分、やりとりが気軽なこともWantedlyの魅力になってるね。

杉浦

岸田

応募も気軽にしてくるんですか?

そうだね。候補者は、企業に興味を持ったら「話を聞きに行きたい」からエントリーをしてくるんだけど、気軽な気持ちからエントリーすることも多いので、こちら側もフランクにやりとりをすることが重要だよ。

板垣

実際気軽に応募をしたのに、いきなり選考フローの説明がきたらびっくりしない?
え、いきなり、こんなグイグイくるのって。

杉浦

岸田

間違いないです笑 急にグイグイきたら引いちゃうかもしれないです。

だよね!だからまずは、オフィスに遊びにきてもらって、自社を詳しく知ってもらう機会を作ることから始めることを強くオススメするよ!

杉浦

岸田

やばい、すぐに試したいものだらけだ。早速今日から試してみます!師匠!ありがとうございます!

まとめ

今回は師匠達に実践的に使える、Wantedlyのノウハウを聞いてきました。

Wantedlyは、使い方によってエントリー数に如実に差が出てきそうです。

「もっとWantedlyの情報を聞きたい」

「Wantedly使っているけどどこを改善して良いか分からない」

そんなあなたに朗報です!今なら師匠達があなたの会社のWantedlyに簡単無料アドバイスをしてくれるそうです。

是非下記のリンクから申し込みください!お待ちしております!(僕に会いたい人も大歓迎です…笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です